’16カシータスMGL インプレ。メタ二ウムMGLとキャストフィールは一緒なのか。

スポンサードリンク

’16カシータスMGLのインプレッションです。

確かに、MGLスプールがもたらすキャストフィールは極上です。

しかし、あと一歩何かが足りない感じがしました。

’16 カシータスMGL インプレッション

 

’16カシータスMGLのインプレです。

ホントはドノーマル状態でのインプレがベストですが、うっかりmibro 3Cハンドルノブ と、ハンドルノブ4ベアリング化 を施してしまいました(*’ω’*)

それ以外はノーマルです!

’16カシータスを購入検討されている方へ向けて、どんなリールなのか、をお伝えできればと思います。

 

バスライズのカスタム用

 

バスライズをMGL化カスタムするためのドナーとして、カシータスMGLを購入しました。同じボディなので、ブレーキユニットとスプールがまるごと移植可能なんですね。

しかし、いきなりバスライズに全移植するのも、カシータスMGLがかわいそう?なので、まずは16カシータスMGLも味わってみよう、という魂胆です。

(もしカシータスMGLが良ければそのまま使ってもいいですしw)

 

キャストフィールは素晴らしい

 

カシータスMGLの飛び道具は、メタ二ウムMGLにも搭載されたMGLスプールを、1万円台で搭載している点。

確かに、そのキャストフィールについては、メタ二ウムMGLに肉薄していました

「サイレントチューン」機構が無いわりには、キャスト時に発生する音も、シュウィーン!という感じで上質ですし、飛距離もよく出ます。

上位機種と遜色があるポイント:カッチリ感

 

巻いたとき、パーミングしたとき、あるいはクラッチを切ったとき…

そういったあらゆる操作時に、全体から受けるカッチリ感、精緻感については、どうしても上位機種との差はあります。

X-SHIP、マイクロモジュールギア未搭載

そのあたりの差は、X-SHIPやマイクロモジュールギアといった技術が未搭載、というところで差が出ているのかもしれませんね。

樹脂ボディは、本当に剛性が低いのか。

 

カシータスMGLは、ボディ素材が樹脂製となっています。

アルミやマグネシウムといった金属ボディを持つリールと比べて、剛性が低い…というのが一般的なイメージです。

とはいえ、リールを通常使用する際に必要な剛性は、メーカーで設計時に確保して、樹脂だからといってたわんだりしないぞ、なんて話もあります。

ただ個人的には、やっぱり使用感は同じでは無い、と思います。どうしても樹脂リールの方がしなやか?な気がします。(気のせいかもしれませんが。)

通常使用の範囲なら問題なし。

 

とはいえ、ゴリゴリにタフネスな使い方をしなければ、全く問題なく、むしろイイリールです。

MとかMHぐらいのロッドに載せて、10g~20gぐらいのルアーをシュウィーンと投げて、巻いて、みたいなベイトリールでの中核的な釣りをする分には、全く問題ありません。

良いリールですよ。少なくとも、買って後悔するようなモノでは決してないです。

まとめ

あれこれ文句言いましたが、1万5千円という事を考えれば、かなり満足感は高いと思います。

以上、カシータスMGLのインプレでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です