‘16ヴァンキッシュC2500HGSインプレ。コンプレックスCI4+との動的質感の差

スポンサードリンク

シマノ 16ヴァンキッシュC2500HGSのファーストインプレです。

まだ使い込んでいませんが感じたままに、コンプレックスCI4+との動的質感の差をまとめました。

 

‘16ヴァンキッシュC2500HGS

名機と名高い’16ヴァンキッシュのファーストインプレッションです。

とりあえずちょっと使ってみた系のインプレです。使い込んだのち、より詳細なインプレッションを別記事で書きます。

 

コンプレックスCI4+との違い

単体で「巻き心地すげー!」とか書いてみても、そりゃそうだろ。的な感じになってしまうので…

コンプレックスCI4+と比較して、その質感の良さを検証してみます。

巻き心地

一番差がつくのは巻き心地。コンプレックスCI4+が悪い訳じゃないですが…

ヴァンキッシュの後に触ると不思議とザラついた感じがして、知らなきゃ良かった的な感じw

高い組み付け精度

そしてベールを返したきや、巻き始めたときのかっちり感、など各部から感じる動作の質感もワンランク上。

たぶん組み付けを丁寧にやってるんだろうな〜。そう言う感じの高級感です。

剛性感もGOOD

全体の剛性感も高いレベル。軽いのにかっちりしてます。

美しい

こいつ…カッコよすぎるぞ。美しすぎるぞ。満足感はハンパないです。

シビックとマークXぐらい違う

車で例えるとシビックとマークXぐらい格が違う感じです。

ヴァンキッシュ、ハイソな高級セダンですな。

 

ただ。コンプレックス使えねー!

とかそこまではいかない感じです。

コンプレックスにはコンプレックスの良さが有ります。

欠点

欠点らしい欠点はまだ見つかってないですが…強いて言えばハンドルノブがあまり好きじゃないです。

コンプレックスも同じですが。なんかここだけ野暮ったいし、あのシマノ特有のノペッとしたベタ付く素材です。

総評

総評すると、あらゆる面でワンランク上質。

価格分の違いを十分に享受出来るレベルです。

ヴァンキッシュ、質感高えっす。

 

まとめ

以上16ヴァンキッシュのファーストインプレでした。間違いなく満足度高いです。

でもコンプレックス買った時も、それはそれで価格以上の価値があると感じていたので、コンプレックス買っても後悔しないと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です