‘16アルデバランBFS XGオーバーホール【後編】。スプールのBBを外して初めて「完バラ」と言えるかも。

スポンサードリンク

‘16アルデバランBFS XGのオーバーホール【後編】です。

クラッチ&レベルワインド周りの分解と、スプールベアリングの着脱方法をシェアします。

フィッシングショーネタはまだまだあるのですが、ちょっと箸休め的にアルデバランBFSの分解日記です。

前回のあらすじ

前回は、ギアボックスカバーを外して、メインギア&メインギア軸を外したところまででした。

今回は、残りのクラッチ&レベルワインド周りの分解と、スプールベアリングの着脱を実施します。

クラッチ周辺の分解

まずはクラッチ周辺の部品を外していきます。

ピニオンギア、クラッチヨーク、クラッチヨークバネは引っ張ると外れます。

 

クラッチツメにネジがありますので外します。00番のプラスドライバーです。

このネジ要るのか??無駄に複雑化している気がします。

それからクラッチカムの固定は裏側からになっていますので、こちらも外します。

するとクラッチ回りのパーツがごっそり取れます。

ベアリングもハンドルノブキャップリムーバー で外します。

クラッチレバー

最後にクラッチレバーを外します。クラッチレバー裏側のネジを緩めるだけです。

こんな感じで、長いドライバーでアクセスします。

 

クラッチ回りの分解が完了しました。

分解して清掃した後、この状態で保管しておけばネジを無くさないで済みます。

レベルワインド

最後の関所?レベルワインドを分解していきます。

レベルワインドガード

最初に、レベルワインドガードを外します。

B側のネジ一本外せば、あとは「はめ込み式」でくっついています。

左右それぞれ「はめ込み」を広げると、外れました。

力を入れ過ぎて割らないようにご注意をw

レベルワインダーとウォームシャフト

B側のEリングを外します。

こいつは狭い空間に奥まっているので、タミヤEリングセッターが使えません。

仕方なくマイナスドライバーでこじって外します。

外すと、ウォームシャフトがゆるゆるになります。

あとはレベルワインドキャップを外せば、バラバラになります。

アルデバランBFSは、ウォームシャフトピンが樹脂製なんですね。

ウォームシャフトピンの調整座金は2枚入っていました。ここは個体差があります。

 

そしてウォームシャフトのボールベアリングは無くて、カラーが入っています。

3万円以上するハイエンドリールなので、ここはBB欲しかったな。

大体分解しました

大体分解しました…

 

が、ちょっと待った!なんか忘れてないか?

スプールのボールベアリングがまだ外れてないじゃないか!!(爆

 

…あくまで「素人オーバーホール」ですので、目をつぶっていたところなんです。

しかし、こいつを外すには、圧入されたピンを外す必要があります。

それには、[スプールベアリングリムーバー]と呼ばれる、専用工具が必要になります。

 

スプールベアリングリムーバー Type:R 導入

そんな悩みあぐねる素人オーバーホール職人を見かねて、カケヅカ.comの管理人、カケヅカさんがヘッジホッグスタジオのスプールベアリングリムーバー Type:R を提供してくださいました。

カケヅカさん、ありがとうございます(/・ω・)/

 

という訳でさっそくスプール軸のベアリング外しに挑戦します。

スプールのボールベアリング外し

前述したとおり、アルデバランBFSのスプールには、BBが仕込まれています。

ヘッジホッグスタジオの「スプールベアリングリムーバー Type:R」で外します!

 

こんな感じでセットします。フィッティングが非常に良い感じです。

付属のレンチでぐりぐりすると、ピンを外すことが出来ます。

ピンを押す際は向きがあるので要注意。

必ず細い方から押し出すようにします。

外したピンは、ちゃんと「スプールベアリングリムーバー Type:R」のくぼみに格納されるので、無くす心配はありません(^^)

私のような素人でも簡単に外すことが出来ました!

これでスプール軸のベアリングもしっかりと洗浄できて、妥協のないOHを実施する事が出来ます。

注意点

ヘッジホッグスタジオのHPにも解説がありますが、「スプールベアリングリムーバー Type:R」のネジ山と、スプールエッジが非常に近い位置にある為、スプールエッジに傷をつける恐れがあります。

 

なので、スプールをマスキングテープで覆うか、ウエスやキッチンペーパーなどで壁を作ってから作業すると良いです。

マスキングテープが無かったので、キッチンペーパーで覆って作業しました(‘ω’)ノ

 

まとめ

スプールベアリングの脱着も実施し、ほぼ分解することが出来ました。

アルデバランBFS XGのオーバーホールは若干難易度が高めです。

初めて開けるリールには向いていません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

使用ツール★

★Wera 2050 ミクロドライバー +00X60 118020

 

★【HEDGEHOG STUDIO】ハンドルノブキャップリムーバー Ver.2

 

★【HEDGEHOG STUDIO】 スプールベアリングリムーバー Type:R
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です