’16ストラディックCI4+ オーバーホール前編。

スポンサードリンク

さて、年末年始の恒例行事?である、リールのセルフオーバーホールを実施してみました。

今年はスピニングリールにチャレンジ!という訳で、ストラディックCI4+ 2500HGSをバラして、メインギアご開帳までをお届けいたします。

’16ストラディックCI4+ 2500HGS

 
 
 

さて、素人オーバーホール大会の生贄は、’16ストラディックCI4+です。

2シーズンくらいノーメンテ(*’▽’)

ハンドル、スプールを外す。

 

ドラグを緩め、スプールを外します。

ハンドルも外します(‘ω’)

ベールを外す

 

ベールを外します。ネジ2本。

(ローターと一緒に本体から外れるので、後回しでも大丈夫ですネ)

 

ローターの取り付け部に、やたら細かい部品が含まれているので、紛失超注意!

 

ベイトリールの「ドラグオトダシピン」に似てる、めっちゃ小さいプラスチックのパーツ。

たぶん、ベールを上げたときの「カチッ」を出してる部品…だと思います。

ローター外すお

 

ローターを外すために、ドライブギア軸周辺の部品を外していきます。

 

 

固定用の金具を外すのに、めっちゃフィネスなHEXドライバが必要。(一応、番手を掲載しておきます)

 

回転軸ナット(12mm)

 

 

回転軸ナット(12mm)が現れた!適当なメガネレンチで外しましたw

そんなに硬く止まってる訳じゃないので、苦労しないはず。

マグナムライトローター外れた!

 

マグナムライトローター外れたお。うぇいうぇい。

確かに、マグナムライトです。(めっちゃ軽い)

 

メインギアご開帳

 

だいぶ端折りますが、HEXねじを何本か外すと、本体がパッカーンと割れます。

 

注意が必要なポイントは、下側のリールカバーみたいなやつを外すと中にねじが隠れているという事です。

 

(カバーの下の塗装の端の処理が適当な感じ。気になる…見えないとこは結構雑なのねw)

爆盛りグリス

 

 

リールOHあるある?純正爆盛りグリス。

スピニングリールは気密性が高いような…

さぞかし汚れているだろうな、と思っていたのですが、意外とキレイなもんでした。

シーズン中はほぼ毎週稼働させていましたが、淡水オンリーだと大して汚れないんですね。

ベイトリールよりも汚れが内部に入りにくい感じがしました。

ベイトリールよりもちょっとだけ複雑

さて、分解の難易度ですが、やはりベイトリールよりも若干難しい気がします。(まだ全バラしてませんが)

回転方向を縦から横に変換している為、直感的に分かりにくい構造である事がこのややこしい感じを生み出しているのでしょうか。

あとはHEXの精密ドライバが必要な箇所が多いです。ドライバーメインのベイトリールよりも、とっつきにくい感じがします。

 

とはいえ、ウルトラムズイと言われるとそんなことも無いと思います。

パーツリストとにらめっこして、分解写真をこまめに撮ってあげればわりとイケる気がしました。

まとめ

以上、ストラディックCI4+ 2500HGSの分解手順前編でした。

調子に乗って組み付けが出来なくならないよう気を付けよう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です