2018年シマノダイワアブから出るリールまとめ。in横浜フィッシングショー。

スポンサードリンク

横浜フィッシングショーに行って来ました。

2018年にシマノ、ダイワ、アブガルシアからリリースされるリールをシェアします。

シマノ

まずはシマノからです。

‘18ステラ

ステラはやっぱりステラでした。

写真で見るよりイケてます。

旧モデルと比べて、ガラッと変わったはずなのに、「ステラ感」というか品格のようなモノは失っていないです。

バンタムMGL

みなさん言われているように、結構コンパクトでした。

無垢の塗装前のやつも触れましたよ。イカツすぎんな。これw

ダイアルケースの挿入は、ちょっとコツが要る感じ。

巻き心地はヌメヌメ。カルコンに負けてないレベルでした。

アルデバランMGL

アルデバランMGLっす。コスメ的には普通のアルデバランとほぼ同じ。

MGLスプールをクリクリ廻せる展示がありました。

「回転の中心から離れた場所のブランキング(軽量化)は慣性の低減に効く」ってのが、リアルに体感できて秀逸でした。

MGLスプールの方が、明らかに軽かったです。

アンタレスDC MD

 

アンタレスDC MDっす。塗装はラメ入りだけど落ち着いた感じ。

ドラグ力強化(6kg)、エクストリームビッグベイトモード(XB)、ラインキャパ増強(’16アンタレスDCが16lb-100m→20lb-100m)の最強タフネスモデル!

バスライズ

バスライズ。マットブラック塗装で渋い感じ。右ハンドルのみなのが悔やまれます。

旧型には1個も無かったボールベアリングは、ピニオンギアに装着されているそうです。

イージーマグ。ダイヤルを回すと、マグネットがせり出してきて、スプールに近づくという分かり易い設計。

まさに「イージーマグ」。

 

サイドプレートは、カシータスのものですか?と聞いたら、分かんねえっす。とのことw

 

 

ダイワ

続きましてダイワです。

イグジスト

イグジスト。マグネシウムでメタルボディ化した今作。

デザインも精悍でカッコいいっす。

カルディア

カルディア。新旧の2500番を比較。

LTコンセプトのコンパクト感が伝わるといいのですが..

ボディにはZAION素材を使っているそうです。

フリームス

フリームスは、樹脂ボディになりました。素材はDS5です。

こちらもかなり軽かったです。ハンドル細い。

RYOGA[リョウガ]

RYOGAっす。CC(クレイジークランカー)のロゴが誇らしげ。

ハイパーメッシュギアの展示も。巻き心地はカルコンと同等レベルです。

 

ジリオン TW HD

ジリオンTW HD。

サイドプレート内のスプール受けまですべてフルメタル化。

樹脂パーツを排除した硬派なタフ仕様になっていました。

ハンドル長をベースモデルと比較。こんな感じ。確か、105mmだったかな?

元々、ベースのジリオンTWが剛性が悪い訳じゃないのでかなりの剛性感が期待できそうです。

SV LIGHT LTD TN 

SV LIGHT LTD TN(T.Namiki)。SS SVベースだそうです。

かなり軽い。ハンドル回りの造形がかっこ良いっす。

 

アブガルシア

続きましてアブガルシア。

MG XTream

最高レベルの軽さを実現した、MGXTream。

フワッて感じでした。

コルク&カーボンハンドルもイケてる。

Abu(アブ)レボエリート8 IVCB

 

アブのタフネス系ベイトリール、Abu(アブ)レボエリート8 IVCBも見てきました。 最大ドラグ力10Kg!

 

まとめ

だいたい主要モデルはこんな感じでしょうか?

抜け漏れあったらすいません、また写真などちょくちょく増やしたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です