タモ選び。ナナマルすっぽりネットがバスアングラーにもずっぽり!な件。

スポンサードリンク

ウォーターランドのナナマルすっぽりネット。

村田基氏が主にエリアトラウトにおいて使用しているランディングネットです。

バスアングラーにとっても、ボート釣行時に有用なアイテムです。その理由をシェアします。

大型トラウト用

村田基氏が釣りビジョンの番組、「エリアトラベラーズ」において使用しているのが今回ご紹介する「ナナマルすっぽりネット」です。

大型(ロクマルクラスやナナマルクラス)のトラウトが居る管理釣り場で、安心してランディングする事を念頭に置いて開発された逸品。

エリアトラウト用に購入

 

私はオフシーズンはエリアトラウトを多少嗜むので、そんなジムの大物狙いメソッドに憧れてナナマルすっぽりネットを購入したのです。

安心のビッグサイズ

 

最大の特徴はとにかくネット部分が大きいという事。「ナナマルすっぽり」の名は伊達ではなく、豊英ダムのゴンザレスも余裕で入ったし、フィッシュオン!王禅寺のスーパーレインボーも難なく収まりました。

大きいことは良いことだ

 

エレキの出力しかり、車のエンジンしかり、ランディングネットしかり。

大きい事は良い事ずくめ。

ランディングネットにおいては、大は小を兼ねる、なんです。

不意の大型魚にも余裕を持って対応できます。

バスにも案外丁度良いサイズ感

 

 

とはいえ大きすぎなくて、取り回しが犠牲になっていないのもポイントです。ただデカイだけじゃなくて、使い勝手が悪くならない程度にギリギリの大きさまで大きくした、という感じ。

バス釣りに使っても、大きすぎるという事はありません。

取っ手部分が格納出来る。

取っ手部分をポチっ!とワンタッチで格納できる為、運搬時もデカすぎて邪魔!とかにはならないのも嬉しいところ。

収納時の写真、撮り忘れたので追加しておきます。

浮く!

 

あと特筆すべき点として、落としても浮く仕様になってるんですね。私は基本ランディングネットはエレキのヘッドにかけているんですが、安定感が悪くて、たまに落としてしまうんです。

取っ手のスポンジ部分が浮力を持っているので、沈まないんですよね。この辺りの配慮はさすがといったところ。

普通に沈んでしまうランディングネットも世にはあるようですので、フローティング仕様は大きなメリッドです。

耐久性◎

若干記憶が曖昧ですがw、2、3年ほどボート釣行時に毎釣行使用しているのですが壊れにくいです。

 

ただし一点だけ注文があるとすれば、ネットのフレームと持ち手の接続部分がネジになっているんですが、このネジが外れてどっかいってしまいました。まあホムセンのネジを適当に買ってきてあげれば良いんですが。

欠点らしい欠点はそのぐらいですかね。それを除けば非常に満足度の高いプロダクツと言えると思います。

まとめ

 

エリアトラウトだけでなくバスアングラーも満足させてくれる「ナナマルすっぽりネット」。

ボート釣行のお供に最適です(^^)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です