荒川バス釣りに行ってみた。厳しかったので、おかっぱりスタイルご紹介。

スポンサードリンク

ここ最近、レンタルボートスタイルばかりですが、たまにはおかっぱり!

という訳で、いつもとは趣向を変えて、荒川おかっぱりに繰り出しました。

結果は残念でしたが、荒川バスフィッシングスタイル!をシェアします。

 

荒川

バスだけでなく、シーバスも釣れる、タイダルリバー(汽水域)である荒川。

埼玉県民や、東京都民の気軽な釣り場として人気が高く、遠くには行けないけどチョイ釣りするか~なんて場合には訪れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、もちろん簡単ではなく、魚影の濃さから言って、おそらく難易度SS級だと思われます。

 

私はタイダルリバーでの釣りはほとんど経験が無く、「潮」を考慮した釣り自体が新鮮です。

元近隣住民の友人のガイドの元、荒川でおかっぱりしてきました。

 

私は2度目の訪問なので、何ら得る事のない記事ですがお暇な方どうぞw

久しぶりのおかっぱりSTYLE★

めっちゃ久しぶりの陸っぱりスタイル。

リーニアのオカッパリバッグ、ジャクソンのトリックスターネット、野鳥の会の長靴で完全武装。

カッコだけはおかっぱりマスターw

日本野鳥の会の長靴


日本野鳥の会の長靴が大活躍。

潮位によって立ちこんでいけるポイントが露呈するタイダルリバーでは必須アイテムです。

あると無いとじゃ攻めれる範囲が雲泥の差。

 

S水門

まず訪れたのは、埼玉在住のロコアングラーなら知っている、著名なS水門。

シーバスやバスの釣果があり、足場も良いので訪れるアングラーもちらほら。

 

ボトムには、がっつりと’玉ねぎ’と’金網’が張り巡らさている上に、自転車などのゴミも入っているため、ルアーマン泣かせ。

トレブルフックのルアーはご法度。

そこで、スピナベやバズでシャローにフィーディングに入ってきているバスorシーバスを狙いますが無。

まあ2度目の訪問なのでそんなに甘くないですよねw

 

温泉

S水門が不発だったので、通称「温泉」と呼ばれるポイントへ移動。

こちらも地元アングラーにとっては超有名なポイント。

温泉、つまり「温排水」が流れているポイントなんですね。

生命感グンバツ

ヘラやレンギョがやたらと泳ぎ、生命感の濃さは抜群のポイントです。

でも、冬の有名ポイントだけあって、アングラーの数も異様に多い。

まるで管理釣り場レベルの賑わいぶりでした。

実績ポイント

テトラの穴打ちや、温排水の吐き出し、水路と本流の合流地点などでの実績が高いようです。

1ヘラ

まあ、「温排水」だからといって簡単に釣れる訳もなく、友人が良型のヘラを釣って終了。

トリックスターネットにヘラ臭が付きましたw次回はバス臭くしたいところ。

 

温排水ポイントの写真は撮り忘れましたw

まとめ

分かっては居たものの、やっぱり厳しかった荒川釣行。

荒川初バスをGETするのはいつになる事やら。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • ikahimeさん
    初めまして。三澤 明と申します。
    私も、荒川オカッパリ、将監・長門川レンタルボートでの釣行を重ねています。笹目橋周辺、戸田ボート前等、これからはシャッドで釣れるポイントがありますよ〜。

    • 三澤様
      コメントありがとうございます(*’ω’*)
      私はなにぶん、荒川初心者ですので、温泉や、山陵水門以外のポイントでは釣りをしたことがありません汗

      情報ありがとうございます。次回訪問時は、笹目橋や戸田ボート前のあたりも攻略してみたいと思います(^ω^)
      しかしなかなか荒川、簡単ではないですよねw何かしら有益な攻略方法など書けるように精進したいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です