夏~秋時期のバス釣りを快適に過ごす!アークテリクス ノディンジャケット

スポンサードリンク

気難しい秋バス君の攻略。

季節の変わり目、何を着ていくかもまた、難しい時期です。

そんな微妙な時期に快適に過ごすために、軽いソフトシェルジャケットが有ると便利です。

アークテリクス ノディンジャケット

ちょうど今時期(9月~10月)くらい、日中暖かく、明け方は肌寒いこの時期、非常に重宝するシェルです。

Tシャツじゃ寒い、かといってハードシェルを着ると暑い。そんな微妙なタイミングで、こういった薄手のブルゾンが一枚あると重宝します。

真夏以外かなりの日数着ることが出来るので、非常に便利です。

素材感

多分このジャケットで一番気になる点は、どんな素材感なの?という点だと思います。「ソフトシェル」ってイメージ付きにくいですよね。

一言で言い表すと、「薄手のウインドブレーカー」のような感じ、という表現がぴったりきます。

とはいうものの、中学生の頃に部活で着ていたような「ウインドブレーカー」とはまたちょっと違う感じですw

もっと上質でさらさら、かつ透湿性にも優れており、蒸れにくい感じの生地感です。かなり薄手ですね。

スコーミッシュフーディー

スコーミッシュフーディーという、ノディンジャケットに極めて似ているジャケットもあります。

値段と重量(155g)は一緒なのでお好みでチョイス。

「ノディン」が今季リリースされた新作なので、「ノディン」にしてみました。

「ノディン」と「スコーミッシュ」の違いは以下のような感じです。

ポケットの数が異なる

違いとしては、ポケットの数が違います。ノディンジャケットは腹部に二つ付いています。スコーミッシュフーディーは胸ポケット一つだけです。

アウターとして着る事が多いと思うので、大きめのポケットが用意されていると便利ですね。

私はポケット大好きwなので、ノディン推しです。

生地が異なる

生地も若干異なります。

ノディンは、Tyono™20デニールシェル素材。

スコーミッシュフーディーは、Tyono™30デニールシェル素材。

「デニール」というのは糸の太さの違いを表します。

つまり、ノディンのほうが若干薄手。

でも、両方触りましたがそこまで大きな違いはありませんでした。

シルエット

ノディンはトリムフィット。

スコーミッシュがレギュラーフィット。

ノディンのほうがややタイトという事ですね。

どちらも試着したのですが、そこまで大きな違いではなかったです。

私はちょっとゆったり着たいので、身長166センチ60キロでMサイズを着用しています。Sも着れましたがややタイト目でした。

季節の変わり目に本当に便利です

薄手のパーカーのようなイメージで、体温調整の為にさっと着るイメージです。

意外とこういうアイテムって持ってない。あると本当手放せなくなる便利アイテムです。

一応、防水性能もあります。

ハードシェルやゴアテックス入りのレインウェアには適いませんが、降り始めの雨ぽつぽつぐらいは撥水してくれる性能も持っています。

とにかくマジ便利っす。

今日の相模湖

今日はサブイズムさんと相模湖釣行です。

朝夕はとても涼しく、日中は暖かい気候。

ノディンジャケットが大活躍しています。

まとめ

さっと羽織れるノディンジャケット。

迷ったらとりあえず着れる頼もしいヤツっす。

ikahimeを最後までお読み頂きありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です