ベイトフィネスロッドまとめ。シマノ編。

スポンサードリンク

もはや説明不要のベイトフィネス。

太めのラインでライトリグを手返し良く扱えるメリットは計り知れません。

ベイトフィネスタックルを購入予定の方に向けて、現在販売されているベイトフィネスロッドを、まとめてみました。

まずはSHIMANO編です。

前置き

 

私のベイトフィネスロッドはアブガルシア Fantasista Yabai FCY-62L MGSです。

ベイトフィネスロッドにしては短めの6ft2inというレングス。

軽くて感度が良いのが最大の特徴です。

 

ただし、オープンウォーター向けの仕様なので、パワー不足に悩まされています。

キャストフィールもなんとなく、合わない…

 

誤解の無いように言っておきますが、決して悪いモノではないです。

個人的なフィーリングが合わないというだけです。

 

…もう少し強めで、フィーリングの合うベイトフィネスロッドが欲しい。

シマノ ベイトフィネスロッド まとめ

そこで自分の備忘録も兼ねて現在、市場に出回っているベイトフィネスロッドをまとめてみました。

 

「情報は集約すると価値が生まれる」らしいので。

まあ要するに「まとめ」ってヤツですw

 

そこで、現在市場に存在する、ベイトフィネスロッドをまとめてみます。

今回は、シマノ編です★

それではいってみましょう♪

シマノ エクスプライド

 

’17モデルでモデルチェンジされたエクスプライド。

旧モデルでは、165L-BFSのみのラインナップでしたが、164L-BFSと、168L-BFSの2モデルに細分化。

自重は両方共に100g。

パワーが欲しいikahime的には、強めの168L-BFSが気になります。

個人的な購入第一候補★

164L-BFS

168L-BFS

シマノ ゾディアス

 

164L-BFS

ゾディアスからは、164L-BFS。

取り回し重視の6ft4インチのlengthのみラインナップ。

 

説明文によると、「’繊細なティップ’と、’操作性に優れるショートレングス’」がウリ。

ただしこれはエクスプライドの説明文とほぼ同じ内容w

さらに自重は100gで、これもエクスプライドと一緒です。

 

エクスプライドと、ゾディアスシリーズ。

他の番手に関しては、エクスプライドがシャッキリ系、ゾディアスがモッチリ系。

ベイトフィネスロッドに関してはどのような差があるのでしょう。

 

スペック上の差異としては、カーボン含有率に違いがあります。

ゾディアスが94.6%、エクスプライドが100%。

 

やはり他番手と同じく、モッチリしたフィーリングが持ち味になっていそう。

私はベイトフィネスタックルはワーミングが主体なので、感度が欲しいです。

 

するとモッチリ頑丈系のゾディアス164L-BFSは候補から外れるカモ…

 

※追記

168L-BFS

ゾディアスは、168L-BFSもラインナップされていました。

 

168L-BFS/2

可搬性に優れた2ピースモデルも。

この価格帯で、このラインナップの豊富さは、素晴らしいですね★

シマノ バンタム

 165L-BFS

   

 

SHIMANOのバンタムからは、165L-BFS 。

旧エクスプライドの165L-BFS と全く同じ番手ですが、どのような差別化が図られているのでしょうか。

 

エクスプライドとの主な違いは、SPEC表を見る限り、スパイラルXが搭載/非搭載という点ぐらい。

他にも、売価を考えればブランクスのバランスや味わいなどにコストを掛けていると思われます。

 

ただ、おそらく値段ほど実釣性能に違いは無いはずです。

コレじゃないとダメ。感が少ないのも事実…

 

ただし、エクスプライドとゾディアスについても、同じ番手でも味付けが全く異なります。

なのでバンタムに関しても、また違った特性が有るのは間違いなさそう。

 

つまり、バンタムが高いから良い。という事ではなく、味付けの違い。

その具体的な違いは、エクスプライドとゾディアスのように体感したわけではないので、分かりませんが…

 

試投など出来ればもっと売れそうな気がします。

それか人柱になって購入してみるしかありません。

ただし人柱になるにはあまりにも高すぎるw

 

コスメも地味だし、なんだかエクスプライドとカニバっちゃってる感も…(Bantamファンの方、スイマセン)

気になる自重は、105g。

 

ジャッカル×シマノ ポイズンアドレナ

お次はアドレナ。

アドレナのベイトフィネスは、166L-BFS、1610L+-BFS の二本立て。

166L-BFS

 

1610L+-BFS

 

 

感度際立つ、高弾性ロッド、ポイズンアドレナ。

中空構造のモノコックグリップがウリで、感度や軽さがセールスポイント。

 

シマノのHPの説明文を読むと、「マイルドな」「汎用」「ユーティリティ」というキーワードが登場。

つまりグロリアスが特化したトンガリ系だとすると、アドレナはマイルド系。

実際アドレナは何本か触った事があり、(とはいっても試投程度ですが)癖がなく扱いやすい印象です。

 

自重は、107、110グラム。

番手が違うので単純比較は出来ませんが、アドレナ166L-BFSよりも、エクスプライド168L-BFSのほうが軽いんですね〜。

これは意外でした。

 

ジャッカル×シマノ ポイズングロリアス

お次はちょっとお高めですが〜。ポイズングロリアス。

アドレナがマークIIだとすると、グロリアスはチェイサーやクレスタ的存在か!?(例えが古いw)

 

汎用性よりも個性を重視し、特化した性能をもたせたシリーズ。

さすがのハイエンドモデル、ラインナップもベイトフィネスだけで3種類。

162L-BFS -BFS62 QUICK RESPONSE-

 

操作性やライトリグでの感度を重視した「クイックレスポンスシリーズ」の162L-BFS。

87g。

166L+-BFS -BFS66 COVER TRAP-

 

「カバー用」と銘打っている、166L+BFS。

操作性と感度、カバーからの引き剥がし性能を両立。

90g。

1610ML-BFS -BFS610 MIGHTY FINESSE-

 

パワー+遠投性能重視のロクテン。

97g。

 

さすがにハイエンドモデルだけあって、すべて100gを切る軽量設計。

感度良さそう。

 

でも実売5万円overのハイエンド…高くて買えないッス…

買える方がウラヤマシイw

 

シマノ ワールドシャウラ

説明不要、JIMのワーシャ★

1701FF-2

ワールドシャウラに、ベイトフィネスモデルがあるのはご存知ですか?

「1701FF-2」が、「ベイトフィネスディスタンスカスタム」としてラインナップ。

 

ご存知の通り、ワールドシャウラは、全てのモデルが2ピースとなっています。

「ワールド」の名のとおり、海外遠征時の可搬性を重視。

 

また、各ピースで違う特性のカーボンを使用し、特有の曲がりや性能を発揮しています。

ワンピースモデルより、高性能だとか!?

 

まとめ

ふう。(ため息)

シマノ[SHIMANO]だけでもこれだけ多くのベイトフィネスロッドがラインナップされているのですね。

長くなってしまったので、シリーズモノとして連載します。

次回はDAIWAをまとめてみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

出典:SHIMANO

ダイワ編はコチラ★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です