ベイトフィネスロッドまとめ。ダイワ編。

スポンサードリンク

もはや説明不要のベイトフィネス。

太めのラインでライトリグを手返し良く扱えるメリットは計り知れません。

ベイトフィネスタックルを購入予定の方に向けて、現在販売されているベイトフィネスロッドを、まとめてみました。

第2弾は、daiwa編です。

前置き

現在市場に存在する、ベイトフィネスロッドをまとめてみます。

今回は、ダイワ編です★

それではいってみましょう♪

ダイワ クロノス

651LB

 

シマノ ゾディアスの最大のライバルモデル?であるクロノス。

 

そんなクロノスからは、「ベイトフィネスバーサタイル」、651LBをご紹介。

ダイワ自ら、「舌を巻くほどの軽量設計」というキャッチコピーでウリにしている軽量設計がポイント。

 

ハイエンド並の、99gという自重を実現。

何としても100gを切るゾ、という気概を感じる自重に、クロノスへの力の入れ具合が伝わってきます。

 

正直私はクロノスシリーズは全く触ったことがないので、ここでは多くを語ることは出来ませんが…

ラインナップの拡充具合なども、打倒ゾディアス感満載です。

 

驚きの軽量設計と、実売12,000円ちょっとというコスパが強み。

HPの説明文を読むと、’オールステンレスフレームSiCガイド’となっています。

ライバルのシマノのゾディアスは、SiCより安価なアルコナイトリングを使用して、価格を抑えています。

 

ALL SiCでこの価格は価格破壊レベル。

これはゾディアスもうかうかしてられないゾ…

ダイワ エアエッジ

’17年モデルで、モデルチェンジしたダイワ エアエッジ。

下記2モデルは、モデルチェンジ前のモデルになります。

661LB

 

標準全長:6.6ft/1.98m

  • 継数:1本
  • 仕舞寸法:198cm
  • 標準自重:105g
  • 先径:1.5mm
  • 元径:9.8mm
  • カーボン含有率:89%

 

「バーサタイル」な661LB。

682MLB

 

標準全長:6.8ft/2.03m

  • 継数:2本
  • 仕舞寸法:106cm
  • 標準自重:106g
  • 先径:1.5mm
  • 元径:10.8mm
  • カーボン含有率:96%

 

「パワー ベイトフィネス」な、682MLB。

’17モデル ダイワ エアエッジ

’17モデルのダイワ エアエッジのベイトフィネスは以下のラインナップ。

641LB-ST・E

シリーズ中最もフィネスな、641LB-ST・E。

高弾性メガトップを搭載したソリッドティップ仕様のベイトフィネスロッド

ソリッドティップ仕様が最大の特長。

661MLB・E

強靭なバットを持ったパワーベイトフィネスロッド。

スピナベなどのファストムービング系も対応できる、661MLB・E。

661M/MLB・E

 

661MLB・Eよりも更にパワーを持たせた、661M/MLB・E。

ベイトフィネスのみならず、ヘビキャロや1/2ozまでのスピナベまで対応したバーサタイルロッド。

最大のウリは、「マルチテーパー」仕様。

マルチテーパーと呼ばれる、操作時などの軽負荷ではファスト、キャストなどの高負荷ではパラボリックにベントするダイワ独自の可変テーパーを採用

イイとこ取りな、「マルチテーパー」

これは気になる…

ダイワ ブラックレーベル

ブラックレーベルからは、■691LFB、■6101ULRBをご紹介。

691LFB

標準全長:2.06m

  • 継数:1本
  • 仕舞:206cm
  • 標準自重:140g
  • 先径:1.6mm
  • 元径:9.9mm
  • 適合ルアー:1/16~3/8oz

’バーサタイル’シリーズ中の「ベイトフィネス」を担う、691LFB。

ワーミング、プラッギングなどオールマイティにこなすなら、コレ。

6101ULRB

標準全長:2.08m

  • 継数:1本
  • 仕舞:208cm
  • 標準自重:140g
  • 先径:1.4mm
  • 元径:8.9mm
  • 適合ルアー:1/32~1/4oz

こいつはちょっと特殊?な番手で、「ウルトラライト」のレギュラーテーパー。

「ベイトフィネスプラッギング」を完遂する、プラッギングに特化したモデル。

スモールプラグをベイトフィネスで扱いたい、って向きには最適。

 

ダイワ ブラックレーベル+

ブラレプラスからは以下の4機種。

かなり細分化してラインナップしており、DAIWAの「ベイトフィネス」に対するコダワリが感じられます。

661MLFB

 

ベイトフィネスロッドの中でも急激なファストテーパーにせず、繊細なティップの先端に張りを持たせる事で感度と根掛かり回避能力を引き出しライトリグの操作性を飛躍的に向上させたベイトフィネスロッド。ジグヘッドワッキーリグのスイミングからリーズ周りでの3~4インチの高比重ワームのノーシンカーリグ、スモールラバージグやネコリグなどベイトフィネスで多用されるライトリグをバーサタイルに使いこなすことが出来る。

全長(m):1.98

  • 継数(本):1
  • 仕舞(cm):198
  • 自重(g):105
  • 先径/元径(mm):1.8/10.9
  • ルアー重量(oz):1/16-1/2
  • ライン(ナイロン lb):6-14

次にご紹介する、661M/MLFBと番手がそっくりな、661MLFB。

(最初、見間違いかと思いましたw)

 

ティップセクションのハリがあるか、ないかの違いだけで、番手もソックリという事なんでしょう。

こっちの方が、若干弱め。ライトリグならこっち。

 

※そっくりすぎる品番は、分かりにくいのでヤメテほしい…

せめてペットネーム付けるとか、工夫が欲しい。

661M/MLFB

標準全長:1.98m

  • 継数:1本
  • 仕舞:198cm
  • 標準自重:106g
  • 先径:1.9mm
  • 元径:10.9mm
  • ルアー重量:1/8-5/8oz

 

ノーシンカーリグ、ネコリグ、スモラバ等、あらゆる陸っぱりベイトフィネスに対応可能。持ち歩けるタックルに制限のある陸っぱりにおいて、ライトリグを1本でこなせるロッドであり、フッキングと同時にカバーから引きずり出せるリフティングパワーも併せ持ち、ガードの強いリグを使ってもラインブレイクさせずにしっかり掛けていける絶妙のテーパーバランスを持つ。

 

なんといっても、このロッドは、みんな大好き川村光大郎氏の、イチオシロッドというところ。

氏の愛用竿である、スティーズ661MFB-SV(ウェアウルフ)のディフュージョンモデル。

 

ロレックスで言うところのチュードル的なヤツですよ!違うかw

 

さらに〜♬

3DX採用でパワーを持ち合わせている点が高評価。

 

私はブラレプラスの7011HRBを愛用しているのですが、こいつのバットパワーのスゴサ、復元力の凄さは体感済み。

まあ、もちろん番手が全然違うので参考程度ですが…

 

661MLFBよりも、ティップセクションのハリがあって、シャッキリ強め。

こっちの方がよりブラックレーベル+ならではの特徴が発揮されているのでは。

 

とはいえ、ライトリグを扱う場合は、661MLFBの方が良いので、適材適所でSELECT出来ると良さそう。

…実売29,000円と、ちょっとお高いのが玉に瑕。

681LMLXB

全長:2.03m

  • 継数:1本
  • 仕舞:203cm
  • 自重:103g
  • 先径:1.6mm
  • 元径:10.9mm
  • 対応ルアーウェイト:3/64-7/16oz

 

こちらは長めの6ft8inのレングス。

対カバー性能を高めたモデル。

681MFB

 

  • 全長(m):2.03
  • 継数(本):1
  • 仕舞(cm):203
  • 自重(g):115
  • 先径/元径(mm):2.0/10.9
  • ルアー重量(oz):1/8-5/8
  • ライン(ナイロン lb):8-16

 

さらに、こちらは「パワーベイトフィネス」ロッド。

アシ際やブッシュなどでのライトテキサスやパンチショット、5~6.5インチのネコリグ、そしてアフタースポーンや夏のカバーにサスペンドしているバスに対しての4インチクラスのバックスライドノーシンカー、縦ストやハードボトムでのフィネスジグやフットボールジグ、5~11gのヘビーダウンショット

 

ん~、コレ、霞ヶ浦陸ッパリにピッタリ合いそう。

 

お次はハイエンドモデルのご紹介。

ダイワ スティーズ

661MFB-SV 【WEREWOLF(ウェアウルフ)】

前述した、ブラックレーベル+の661M/MLFBが、目指したモデルでもある、661MFB-SV 【WEREWOLF(ウェアウルフ)】

紹介文には、「ベイトフィネス」の文字は見当たりませんが、川村光大郎氏が、ベイトフィネスロッドとして使用していることが有名。

DAIWAは、「ヘビダン対応超攻撃的センシティブロッド」と説明してます。

631MLFB-SV 【SKYRAY(スカイレイ)】

1/32oz.~1/16oz.ネコリグを繊細に扱うことに特化した、スカイレイ。

軽量リグの操作性を究極まで突き詰めたモデル。

681MLMFB-SV 【SKYLAY(スカイレイ) [Power Plus]】

スカイレイのLengthをアップさせ、軽量リグの操作性はそのままに、カバー撃ちに特化したモデル。

641LXB-ST 【HERMIT(ハーミット)】

 

641LXB-ST 【HERMIT(ハーミット)】は、ソリッドティップモデルであることが最大の特長。

’5インチまでの高比重スリムストレート系ワームのノーシンカーでのバイトの取りやすさ’にフォーカスしたスペシャルモデル。

7011MMLXB-SV 【HARRIER F-spec(ハリアー F-スペック)】

人気モデルハリアーのベイトフィネス版。

「カバー打ちベイトフィネスロッド」というのがウリ。

 

’ハリアー7011HFB-SVのDNAを持った’ベイトフィネスロッド。

ベイトフィネスとしてはかなり長めの7ft1inのレングスが特徴的。

 

いずれも5万円前後の価格帯。シマノのポイズングロリアスと真っ向勝負。

まとめ

以上、DAIWAのベイトフィネスロッドまとめでした。

次回はAbuGarciaをまとめてみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

出典:DAIWA

シマノ編はコチラ★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です