穴無しスプールへのラインの結び方。結ぶ?貼る? (ベイトリール)

スポンサードリンク

穴の無いスプールへのラインの結び方、どうされていますか?

結ぶ?貼る?正解のない問題ですが、もっとも合理的なやり方を考察します。

穴の無いスプール

 

社外品のカスタムスプールなどに多い、穴の無いスプール。

ダイワのSVスプールも同様です。

ブランキング(穴開け)をしない代わりに、薄肉化によって軽量設計としています。

ラインの結び方

そんな「穴の無いスプール」に対して、ラインをどう結び付けていますか?

以下4つの方法があります。

普通にユニノット派

 

まずはシンプルにユニノットで結びつける、という手法。普通すぎる結論ですが、個人的にはコレ。

 

後述する「テープ固定」と悩ましいですが、結び付けると「最後の保険」になってくれるという精神衛生上の問題です。

 

出典:ユニチカ

しかし穴無しスプールでこれをやると、結びコブが大変気になります。

それなりに糸を巻く場合は気になりませんが、ベイトフィネスなど糸巻量が少ない場合、顕著です。

 

さらに、余り部分を切る際に、ハサミでスプールに傷をつけてしまうリスクもあります。

対処法は、気を付けて作業しますw

テープ派?

 

続いて、テープで軽く止めてから巻き始める、という手法。

結構メジャーなやり方ですよね。

 

最大の欠点は、ラインが出切ったときに、そのままサヨナラしてしまう事。

しかし、結び付けていても、ラインが出切るという事は、結び目も切られる、という事を意味しませんか?

どちらでも最後まで出された時点でゲームオーバーです。


さらに、すべてラインを出されるのは、巨大な鯉やレンギョに掛けてしまった場合など、限定されるシチュエーション。

 

何が言いたいかというと、それら事実を踏まえると、テープ固定はかなり合理的だという事。

(それが分かっていても、結び付ける派なんですが(;^ω^))

テープ重量神話

個人的に、「テープ重量がスプールの回転バランスを崩すから、テープは貼るな」という話は信じない派です。

張り付けたテープの重さは極めて軽いですし、とてもスプールの回転バランスに影響が出るレベルとは思えません。

仮にバランスが崩れるとしても無視できるレベルのモノで、実際に感じたこともありません。

また、巻かれたラインの重さも均一とは限りませんし、それならば結びコブの重さも考慮すべきです。

結び付け&テープ派

 

ユニノットで結びつけたのちに、上からテープを貼りつけて結びコブを滑らかにする?という方法もあります。

テープが綺麗に貼れず、なんかちょっとごちゃごちゃする気がします。

テープ+結び目の重量でバランスも崩れるかもしれませんw

潔く、結ぶorテープどちらかを選んだほうがよろしい気がします。

スプールに極小サイズの穴を開ける方法

Availさんで紹介されていた、スプールに極小サイズの穴を開ける手法。

穴にラインを通して、裏でコブを作り、止めるというものです。

せこい私はリセールバリューを考慮してしまうので、ジャンク扱いになってしまうこの手法は勇気が出ませんw

まとめ

なんかこう、画期的な手法を示せなくて申し訳ないです。

個人的には、結局はオーセンティックなユニノット固定が一番なんじゃないか、と思っています。

ただしベイトフィネスなど糸巻量が少なく、コブが著しく気になる場合はテープ固定。でどうでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

4 件のコメント

  • 細いPEラインを下巻きして
    結びこぶの少ないノットで結束すると
    結びこぶが気にならなくなりますよ!

    • 確かに、モノフィラメントの結びコブよりも、PE結束のノットの方が小さくまとまりますね(*’▽’)やってみようかと思います、ありがとうございます★

  • 少し面倒くさいですが、ラインをレベルワインドに通してからスプールを外して大きくユニノットで作ったループをスプールに三回程絡めてから絞るのが良いですよっ。

    • ありがとうございます(*’▽’)ユニノットのループでさらにループを作ってスプールに締めこむという事でしょうか!?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です