【横浜FS】バンタムNEW ビッグベイトがイケてる。初代トリプルインパクトの魂を感じた。

スポンサードリンク

バンタムのNEWビッグベイトを見てきました。

初代トリプルインパクトを彷彿とさせるウロコのディティールに、期待感しかありません。

その特徴をシェアします。

バンタムブース

バンタムブースで2018年にリリース予定のルアーを数種類見てきました。

山木さんがいらっしゃって、いろいろとお話を聞くことが出来たので内容をシェアします。

New ビッグベイト

 

もう、期待感しかないNEWビッグベイト。

名前はまだ未定っぽかったですが、おそらくプロト品はほぼ製品版に近い感じでした。

 

ぱっと見て、すぐに思ったのが「初代トリプルインパクト」の雰囲気を醸し出しているな、と。

ウロコや顔周りのディティールが凹凸感もすごく、力強い感じ。

 

これは久しぶりに「欲しい」ビッグベイトでした。ビビっときましたよ。

最大の特徴は、弱めのジャークで潜り、強めのジャークで急浮上するアクション。

それによって、バスから見て「水面に追い詰めている」感をアピール。

 

目を引くのが、非常に特徴的なテール。これが急浮上アクションのキモになっています。

強めにジャークしたときだけ、縦方向に潰れることにより「ライズ」する動きが出るようです。

 

…もちろんアクションも大事ですが、個人的にはこの力強いデザインに強く惹かれました。

腹部にネイルシンカーを挿入できるようなギミックも搭載していました。

板オモリを張り付けるよりもスマートにアクション調整が可能ですよね。

New バンタム スピナーベイト

途中で線径の変わるワイヤーを採用したスピナーベイトです。

ラインアイから下半分はタフな線形、ブレードを支える上半分は細い線径を採用。

 

下半分の太い線径で、「何本釣っても壊れにくいタフネスさ」を実現。

上半分の細い線径は、ブレードの支持を細いワイヤーで行うことによって、バイブレーションを増幅させる効果が期待できます。

通常はトレードオフの関係にある要素を両立させています。

 

シマノの自転車の技術を採用したという事で、継いでいる訳でも、削っている訳でもないそうです。(不思議です)

 

薄いウィローリーフブレードの「折り目」もポイントで、軽い引き感と、しっかりとした水押しを両立しているという事でした。

こちらも期待感しかありません。

コザック

新しいクランクベイト、「コザック」。

 

バスデイのモーグルクランクがデザインソース。

「モーグルクランクのストックが無くなってきたので、作りました。」という事でした。

 

…私は実は「モーグルクランク」を使ったことが無いのですが、名前は聞いたことがあります。

名作リバイバル的な一品、という感じでしょうか。

 

モーグルクランクのウィークポイントである「飛距離性能」を潰しながら作ったそうです。

コマック サーフェイス

あとはマクベス50ベースのサーフェイスクランクベイトも。

(こちらはiPhoneで写真撮ってないので、一眼で撮った写真を後ほど追加しておきます、スイマセンw)

 

山木さん曰く、サーフェイスクランクは丸いシルエットだけじゃ釣れなくて、適度に残像を残すことがキモらしいです。

適度な「残像」を残すためのウォブルアクションとブレードチューンが施されているのがポイントです。

 

一緒に山木さんの話を聞いたツリラクさんの記事も要チェックです。

まとめ

2018年のバンタムルアーたち、期待感しかありません。

バンタムMGLと融合して「バンタム旋風」が巻き起こるかも!?

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です