バス釣りの2020年問題とは何か。

スポンサードリンク

バス釣りをこれからも楽しむために、避ける事は出来ない、2020年問題。

明るい未来はあるのか、頭の痛い問題を考察します。

バス釣り 2020年問題

 

バスアングラーなら一度は聞いたことがある、「2020年問題」。

正直言うと、私には関係ない、そんな風に思っていました。

しかしどうやら、バスアングラーならば避けては通れないという事に気が付き始めました。

外来種被害防止行動計画

環境省が平成27年に、「外来種被害防止行動計画」という行動計画を作りました。

 

ざっくりとした概要は、外来種対策を推進するものです。

各地方自治体に条例を作ったり、駆除を推進したり、国家レベルでやってくぞ。という内容です。

 

これに2020年目標、というものがありまして、

「2020 年までに、侵略的外来種とその定着経路が特定され、優先順位付けられ、優先度の高い種が制御され又は根絶される。また、侵略的外来種の導入又は定着を防止するために定着経路を管理するための対策が講じられる。」

とあります。

ちょっと分かりにくいですが、2020年をめどに外来種駆除をがっつりやってくよ、という事っぽい。

全国のフィールドで、リリース禁止に?

 

この行動計画において、こんな噂がまことしやかに囁かれています。

・一部のフィールド(漁業権が認められている河口湖・西湖・山中湖・芦ノ湖など)を除き、全国の内水面においてブラックバスのリリース禁止

・バス釣り禁止

などです。

もちろん、策定計画に、こうした内容が名言されている訳ではありませんが、最悪の場合そうなる可能性があるかもしれない、という事です。

 

ならないとしても、さらに肩身の狭い思いをするということは間違いないでしょう。

また、バスフィッシングの在り方がこれまでと大きく変わってしまう事も存分にあり得えます。

 

行政や条例等について素人なので、非常にあいまいでざっくりとした内容ですいません。

概要としてはそんな感じだと思われます。

大手を振ってバスフィッシングが楽しめなくなる?

今でも、メジャーフィールドながらリリース禁止というフィールドは存在していますよね。

ただし、法的拘束力はなく、あくまで条例で、結局は個々人の考えに従い行動するという現状。

 

そういった前提を踏まえると、すでにバスフィッシング業界が非常に曖昧で、不安定な立場であるという事はご存知だと思います。

スポーツフィッシングとしてどれだけ発展していっても付きまとう問題です。

 

しかし、現状は、不安定ながらもなんとか、大手を振ってバス釣りを楽しむことが出来ていますよね。

これが根底から揺るがされかねない変革期が、2020年に訪れるという事です。

バス釣りは滅びない。

 

個人的には、非常に楽観的ですが、やりづらくなりつつも、バス釣りが滅びたり、釣り禁止になることは考えにくいです。

いろんなパワーバランス的に、落ち着くところに落ち着く。ただし、どこに着地するか、というのが問題です。

 

バスフィッシングを楽しみ続けること自体は、可能でしょう。

ただし、バス釣り業界を無視したような、強力なネガティブキャンペーンを、ゴリゴリと実施してくる可能性が普通にある。

場合によっては、リリース禁止について監視されたり、罰則が生じたり、そういう嫌な思いをする事があるかもしれない。

でも何もしないのはまずいかもしれない。

この逆風のなか、いかに生き延びていくのか、考えなければなりません。

とはいえ、実際にどうアクションしていくべきか、は具体案が無いのですが…

さしあたっては、最悪の事態を避けるため、ひとまずこういった記事を書くことで、当事者意識を高めていくことが大事なのかな、と思った次第です。

まとめ

以上、バス釣りにおける2020年問題でした。

どう考え、行動に移すのか、個々のアングラーが試されるときが来たような気がします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※かなりふわっとした感じの記事ですいません。いろいろ調べたつもりなのですが、間違い等ありましたらご指摘いただけると幸いです。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

3 件のコメント

  • この記事を拝見して激しい憤りを感じたので失礼いたします
    何故さも日本にバスが居て当然、と言った言い方をされているんですか?
    本来日本にバスが居るのは異常なのですから、リリースすれば罰則を受けるといった処置は当然なのでは…?
    私自身はバス釣りは好きですしバス釣りをやめろ!という訳では無いのですが、日本に居るバスを擁護するのは絶対に間違っています
    バス釣りを楽しみたければ海外へ行け、と強く思います
    バス釣り業界を無視したような、や逆風を受ける、などという表現がありますが日本でバス釣りをする以上は自業自得ですし、被害者ヅラをするのはおかしいのでは?
    長文失礼いたしました これを読んで考え方を変えてくださるととても嬉しいです
    海外のほうがバス釣りは楽しいと思いますし、是非とも日本のバス釣り業界に海外で釣ることを提案してください

    • 貴重なご意見ありがとうございます!
      コメント主様は、海外でバスフィッシングを楽しまれているという事でしょうか?

  • 結局は政治ですよね。当時のバス業界に力が無かったから小池百合子に負けたと。
    いつ、どの段階の、何を外来種とするのか?は議論が別れるところ。バスを外来種とするメリットとデメリットは?
    政治と経済が動かせれば、活路は開けるのではないでしょうか。応援してます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です