冬のバス釣りフィッシンググローブ[手袋]選び。「指先折り返しタイプ」推奨な理由。

スポンサードリンク

寒~い冬のバス釣り。今季は特に冷え込みが厳しく、我慢大会レベルの寒さです。

そんなドMな冬のバス釣りにオススメのウィンターグローブはどんなグローブなのか。

「指先折り返しタイプ」を推す理由をシェアします。

冬のバス釣りのグローブ選び

先日の釣行で、愛用していたグローブを紛失しました。

「プロマリン」という問屋ブランドのモノで、確か1200円ぐらいの安価なヤツです。

(廃盤っぽくて、別タイプしか見つかりませんでした)

 

地味に秀逸

安物ですが、人差し指、中指、親指の三本が折り返して露出可能な「指先折り返しタイプ」で、地味に秀逸でした。

 

一番寒い指先を保温出来て、折り返せばフェザリングやサミングもこなせる。

なので、個人的なオススメは「指先折り返しタイプ」です。

 

本来、ここで話は終わりなんですが…

ついでに、市場に存在するフィッシンググローブのタイプを改めて整理すると共に、「指先折り返しタイプ」の推奨を熱く語りますw

 

フィッシンググローブの種類

フィッシンググローブには、大きく分けて4種類あります。

手の甲タイプ

手の甲だけをカバーするタイプ。

カッコいいし、感度最優先な方は手の甲タイプ、というイメージ。

着用したことがないので、あくまで想像ですが、やはり露出部分が多く絶対的な防寒性能は他タイプに劣る..はず。

フィンガーレスタイプ

指三本のみ出ているタイプ。

割とバス釣りに向いていますが、冬のバス釣りって「遅い釣り」も結構やりますよね。

ディープのダウンショットとか。そういうとき、指先が寒い訳です。

フルカバータイプ

フルカバーのタイプ。

フルカバータイプは、正直バス釣りにはオススメ出来ません。

キャストしにくいし、細かい作業が捗らない。

いちいち着脱するのはちょっとナンセンスです。

指先折り返しタイプ

他のタイプの欠点を踏まえると、やはりオススメは「指先折り返しタイプ」です。

ただし、注意点がいくつかあります。

種類が少ない

「指先折り返しタイプ」のグローブは種類が少ないのです。

そして高価なものが多い…上のD社のヤツは5000円以上します(汗

折り返した指が邪魔にならないヤツ

折り返した指の部分を、マジックテープ等でキッチリ固定できるモノがオススメ。

固定できないモノだとキャストの際、非常に邪魔になります。

モンベルで見てきた!

生粋のモンベラーなので、モンベルで折り返しタイプを見てきました。

モンベルには現在、以下の2種類の「折り返しタイプ」があるようです。

モンベル ネオプレン フィッシンググローブ

これ2000円ぐらいで安いし、イイかな~と思ったんですが、折り返した指部分を固定出来ないので却下。

モンベル クリマバリアフィッシンググローブ

もう一つの「モンベル クリマバリアフィッシンググローブ」は、折り返した指をゴムバンドに挟んで固定出来る仕様。

という訳で、今期の相棒は、「モンベル クリマバリアフィッシンググローブ」に決定しました。

店頭在庫が無かったので注文しました。届いたら使用感などシェアいたします。

D社に浮気

→結局、モンベルは在庫確保できないという事になり、D社の「指先折り返しタイプ」にしました。

まとめ

くどいようですが、個人的には冬のバス釣り用グローブは「指先折り返しタイプ」がオススメです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です