【初心者向け】おかわりワーム!私がリピート買いしてるバス釣りワーム4選。~房総亀山ダム編~

スポンサードリンク

世の中には2種類のワームが存在している。

「一回だけ買う」新製品と、「何度もリピート買いしてるワーム」だ。

そんな「リピーター」の中から、亀山ダムなど房総リザーバーで効くやつをご紹介するぞ。

リピートワームin亀山ダム

何度もリピートするワームって意外と限られていたりしませんか?

房総亀山ダムにそれなりに通って、よく釣れるので、在庫が無くなり次第リピート買いしているワーム。

 

それらをご紹介したら、もしかしたらどこかに需要があるかもしれません。

…というわけで一般アングラーのリピート買いワームwをご紹介いたします。

O.S.P ドライブクローラー5.5インチ

 

ストレートワームは房総リザーバー必須アイテム、という事で異論はないでしょう。

 

たかが棒、されど棒。大差ないと思うなかれ。

プルプルとした微振動を発生する、「泳ぐストレートワーム」。

もう擦り切れるぐらい紹介しましたが、やっぱり釣れる。

 

スナッグレスネコリグセッティングで使用。

スナッグレスネコは「カバーにも入れられるネコリグ」なので、ガード付きマスバリなど他のネコリグとの使い分けはあまりしません。(面倒なだけ、とも言うw)

 

オススメサイズはベイトフィネスタックルでキャストしやすい5.5インチ。それにNSSフック 2/0 とスタジオワンハンドレッド タングステンネイルシンカーの1.8g~2.7gを合わせます。

4.5しか食わない魚<5.5インチのキャスタビリティで食う魚、という考え。

 

コスパを考えると、ストレートワームはレインズスワンプが最高なんですが、アクション性能はドライブクローラーが間違いなく上です。

あとはネイルシンカーの刺しやすさもイイ。スワンプはちょっと細いんですよね。太めな「ファットレインズスワンプ」もあるんですが、あまり売ってないので…

エバーグリーン ラストエース

バックウォーターのお供。推奨フックは、がまかつ(Gamakatsu) ワーム329ハンガーHD #2

 

チョンチョントゥイッチさせたときの小気味好いダートアクションはパニクった小魚そのもので、その気のないバス君もスイッチON。

絶妙すぎるスローシンキングも秀逸で、警戒されずに間合いを詰めてくれます。

ノンソルトの軽やかなマテリアルで、吸い込みの弱いバスのお口にもスッと入るのも◎。

 

さらに、活躍の場はバックウォーターだけじゃなく、表層i字引きでサーチも可能。

スプーキーなバスが多い亀山みたいなフィールドでは、あえて小型のワームでサーチすることが有効な時があります。濁りが入っててもOK。マジです。小さなボディからは想像がつかない程の集魚力があるので、充分に成立します。

サーチベイトは大きくなくてもイイ!ってのを教えてくれました。

 

欠点は、フックセッティングがシビアです。小さいので、ほんの少しのズレでアクションが悪くなります。

あとは単価がやや高い事wでも、フックアップ後にズレて飛んでいく事があまり無いので、ロスト率は低いです。

 

必ず用意したい逸品。

デプス ブルフラット3.8インチ

ギル系代表格のブルフラット。3.8インチに3.5gシンカーを基本のセッティングにしています。フックサイズはがまかつ ワーム316の3/0か4/0を使用。

3g前後の軽いシンカーを使うのが「スパイラルフォール」が1番綺麗に出ます。キモはそこ。普通に7g以上のシンカーだと魅力半減。あとは「落とすだけ」という分かりやすさもスゴくイイですねw

あえてフックセッティングを斜めにセット(たすき掛け)して、スパイラル量を調整する事も可能です。

欠点は、シェイクしてもあまり良い動きはしないってとこですかね。まあ「フォールベイト」として認識しているので、必要ないとは思います。

 

ゲーリーヤマモト モコリークロー

モコリークローはホントサイズ感が絶妙です。ベイトタックルで扱えるギリギリのサイズ感。

ちょっとしたサイズ感で食う、食わないに差が出る事が多々あります。明らかにモコリークローだけにバイトが出る、というタイミングが有りました。

 

ハサミの付け根がマジで脆いので、そこは改善願いたいところです…ハサミ取れすぎwなのでリピート回数多めw

GOODなアクションの源泉になっている部分でもあるのですが…

 

ハサミが取れちゃったやつは、残りの足も全部ちぎってパワーフィネスのスモラバのトレーラーに再利用してます。一石二モコリー。

まとめ

クソみたいにごく一般的なラインナップで、新しい発見が無い方が多いと思いますがすいません。

でも、これらワームが釣れる事の裏返しでもあると思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です