バスマーク ネコストッパー!ネコリグ安定の要。

スポンサードリンク

バスマーク社のネコストッパーを試しました。

美しいネコリグをリグる事が出来るし、ワームの紛失も防げます。

バスマーク ネコストッパー

 

ネコリグ便利アイテム!バスマークのネコストッパーを試しました。

どんなアイテム?

 

こんな形をしており、ワームの下部から差し込んで使用します。

中心のワッカ、左右のツメの3点でワームを支えることによってワームの紛失や抜けを防止。

 

中心のワッカ(フックを刺す部分)は、熱収縮チューブによって覆われており、いったん差し込むと、チューブにカエシが引っかかって抜けにくい(ほぼ抜けない)仕組みとなっています。

使い方

ボレアス アノストレート5.5インチ

ネコリグ専用ワーム、ボレアス アノストレート5.5インチをリギングしてみました。

 

裏側からネコストッパーを差し込み、

 

フック(FINA パワーワッキーガード1/0)をネコストッパーのワッカに差し込みます。

最後にネイルシンカーを頭にねじ込んで完成♪(アノストシンカーじゃなくてスイマセンw)

 

 

どうでしょうか。非常に美しいネコリグに仕上がったと思います。(手前味噌)

「神は細部に宿る」って言いますよね♪

美しいリグは少なからず釣果にも影響がある、ような気がしますw

抜けない。集中力UP↑

投げていて、ぶっ飛ばないので効率も上がります♪

ただ、当たり前ですが、調子に乗ってびゅんびゅん勢いよく投げると抜けますw

正直、キャスト時の耐性については、収縮チューブやゴムリング方式などに軍配が上がると感じました。

とても簡単。

で、最大のメリットはとてもリグるのが簡単である事。

 

ネコリグについて、いろいろやりました。熱収縮チューブや、ゴムリング方式なども。

 

でも、いずれの方法も、ちょっと面倒なところがあるんです。

 

収縮チューブはライターやドライヤーで炙って収縮させなきゃいけないし、ゴムリングはワームのサイズにぴったりと合ってなきゃダメだし…

そういう煩わしさがあまりないのがネコストッパーのメリットだと思います。

裏からブスッと刺して、あとはフックを刺すだけ。お手軽です。

サイズ

とはいえ、ネコストッパーにもサイズ展開があるのですが…

関東アベレージネコリグ!?である4インチ~5インチのストレートワームぐらいであれば、私が今回使用した’M7’というサイズで対応できると思います。

デメリット

これ、先日使用感をお伝えした「トレーラーロック」とデメリットが似てて、リグるときは良いのですが、リグを分解する際にとても難儀します。

収縮チューブからフックがなかなか抜けないし、金属の棒がワームに直接ねじ込まれているので、外すとぐずぐずになります。

その仕組み上、致し方ないのですが…

(裏を返せば、しっかりとロック出来ている、という話でもあります。)

まとめ

以上、バスマーク ネコストッパーでした。

美しいネコリグを簡単にリギングしたい場合、GOODだと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー