ビフテキリグ【ビーフリーテキサス】研究所。ボトムや軽めのウッドカバーに効く件。

スポンサードリンク

ビフテキリグ【ビーフリーテキサス】の特徴や出しどころをまとめてみました。

テキサスリグやジカリグとの使い分けや、反応があったタイミングをシェアします。

ビフテキリグ【ビーフリーテキサス】とは

元々はソルトウォーターでのロックフィッシュ(根魚)攻略の為のリグとして開発されました。

テキサスリグのバレットシンカーの代わりに、ささめ針(SASAME) のJUNGLEGYM(ジャングルジム)ブランドからリリースされた、ビーンズシンカーを用いるリグです。

リグり方

リグり方はもはや説明不要で、テキサス用のバレットシンカーの替わりにビーンズシンカーを使うだけ。

注意点としてはシンカーストッパーはギリギリに付けるのではなく、すこし隙間を与えてあげる事。

こうする事により、シンカーが回転して変な方向になったとき、固定されずに戻ってくれます。

特徴

ビフテキリグはテキサスとジカリグの中間のリグといえます。

私は、カバーが濃い順に テキサス>ビフテキ>ジカリグ と使い分けています。

テキサスよりもワームの自由度やアピール力は確実に高くなりますが、ジカリグよりも引っかかりにくい双方のいいとこどりのリグがビフテキリグです。

下方重心&可動域UP

最大の特徴は、シンカーの重心が下方重心になる事。そして上方にワームの可動域が出来る事です。

これにより、常に「シンカーファースト」な動作をしてくれます。

フォール姿勢が縦

下方重心によって、特に影響を受けるのは、フォール時の動作。

速度がテキサスリグより早く、綺麗な縦フォールで真っすぐ落ちてくれます。

ワームが良く動く

そして、上方向にワームが自由に動くため、ワームの可動域が大きくなります。

クネクネとアクションしてくれるので、オープンウォーターやボトムでのアピール力が強い。

まさに「ビーフリー」という訳です。

この辺りは、ジカリグに近い特性を持っていますね。

フッキング良好

シンカーとフックが固定されていないので、ジカリグのようにシンカーがフッキングの邪魔をするというデメリットもありません。

すり抜け良好

常にシンカーが先にストラクチャーに接触して、引っ張るとワームが上下方向に揺れてくれるため、ジカリグよりも根掛かりしにくいです。

 

テキサスリグとの違い

ややこしいヘビーカバーへ対するすり抜け性能はやはりテキサスリグに分があると思います。

例えばこんなヘビーカバーはテキサスリグが良いでしょう。

下方重心なビフテキリグは、「下方向に出っ張りがある」状態なので、重心が中心にまとまったテキサスリグにすり抜け性能では敵いません。

 

ジカリグとの違い

 

ジカリグはワームのアクションの自由度に関しては最も優れているため、オープンウォーターやライトカバーでのアピール力ではジカリグに分があります。

ただし、ジカリグはヘビーカバーや木の枝に対しては非常に引っ掛かりやすいです。(シンカーとワームの間に挟まる)

ビフテキリグの出しどころ

 

私や周りのアングラーの実績が高いのは、例えばある程度水深があり、オープンウォーターで立木や杭があるような場所です。

杭に対してすっと縦のフォールでアピールしたのち、ボトムでヘコヘコやっているとバイト!なんて事が良くありました。

縦スト+ボトム狙いの場合、ビフテキリグが活躍してくれるはずです。

まとめ

テキサスリグとジカリグのいいとこどりの「ビフテキリグ」。

とても簡単に試せるので、ぜひやってみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です