れぼいぢり後編。レボ ビッグシューターコンパクト オーバーホール。【クラッチなど分解】の巻。

スポンサードリンク

ビッグシューターコンパクトの分解手順後半です。

ドライブギア軸、レベルワインド、クラッチ回りを分解していきます。

前回

前回はハンドル、B側サイドプレート、A側サイドプレート、メインギアを取り外しました。

続きを実施していきたいと思います。

ピニオンギア周辺

ねじ止めされていないピニオンギア周りの部品を分解していきます。(オレンジ色のとこ)

こいつらは引っぱると取れます。

ピニオンギアの中に「ピニオンシャフト」が入っているので注意が必要です。(左から二つ目)

 

シマノリールにはない部品です。(私の知る限りw)

シマノはスプール側に長い「スプールシャフト」があるので、「ピニオンシャフト」は入っていません。

 

ドライブギア軸

 

ドライブギア軸を外します。ねじ2本だけです。

ドライブギア軸がとれました。簡単ですね。

ドライブギア軸の分解

 

ドライブギア軸を分解します。 Eリングを外すと、分解出来ます。

パーツ構成はこんな感じ。

ワッシャーの位置とか微妙に違ったりするけど、ここの構造はシマノとほぼ同じです。

 

クラッチを分解

 

次はクラッチをばらします。2か所大き目のねじを外すと取れます。

黒い部品は下の3つのパーツで構成されています。

これ、向きとかめちゃ分かりにくいので、要注意です。知恵の輪レベルw

 

上から、KICK LEVER RH (K)、LIFT CURVE、YOKE HOLDER(ヨークホルダー)という名称。

「ヨークホルダー」は読めるけど、あとの二つは良くわからんw

 

シマノリールだと「クラッチカム」と呼ばれているパーツに該当するかと。

バネも2個だし、アブのクラッチ回りはちょいと面倒です。

レベルワインド

 

ふう。あとちょっと。 次はレベルワインドをばらします。

B側に鎮座するEリングを外します。(上写真)

 

で、レベルワインドキャップを外せば取れます。(アブのパーツリスト的には、ラインガイドナットと呼んでいます)

 

レベルワインド周りの構成部品はこんな感じ。 なにげにウォームシャフトにボールベアリングが入っていてちょっと贅沢気分。

片側ですが。

シマノはメタ二ウムでさえウォームシャフトにベアリングはありません。 カルコンは両側に入っています。

最後にクラッチを外す

レベルワインド周りをばらしたので、クラッチのねじを容易に回せるようになりました。

なので最後にクラッチを分解します。 と言ってもねじを一本外すだけですが。

とれました。

 

完了!押忍!

ほぼ全バラ完了。あくまで「ほぼ」ですw

ブレーキとか付いたままだし、ローラークラッチも固着して取れませんでした。

ローラークラッチの取り方はいつか掲載したいと思います。

まとめ

つぎは組付け手順を掲載..

したいところですが、どれほど需要があるのか不明なのと、やや面倒なので気が向いたら頑張って掲載しますw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です