漢の釣り!ビッグスプーン入門。どう使う?引っかからないの?

スポンサードリンク

ビッグスプーン

三島湖で、ビッグスプーンを用いた釣りにチャレンジしてみました。

三島湖スーパーロコである、松本幸雄さんが、ビッグフィッシュハンティングの手駒の一つとして使っているという、noriesのダイラッカ。

それに影響を受けて、三島湖でビッグスプーンを投げてみたいな~、という感じです。

deps グルカナイフ 2oz

 

ダイラッカは、売ってなかったので、deps グルカナイフの2ozをチョイス。

deps グルカナイフKIT

deps グルカナイフKIT

 

大場未知氏のグルカナイフの記事を参照して、フックは2/0番、スプリットリングは5番をチョイス。

 

それぞれ高い品質に定評のある、RYUGI社のピアストレブルブルータルと、ボンバダ社のスプリットリングにしました。

(スプリットリングは、No.5でラインアイ側についているものとほぼ同一サイズでした。)

 

正直言うと、グルカナイフの2,800円という価格からすれば、標準でフックを付けて欲しかった、というのが消費者的目線。

ボンバダのスナップはもはやコレ専用サイズですし..(余ります)

 

装着してみると、もはやちょっとした凶器のような風貌です。

根掛かりしないの?

 

個人的に、すぐに根掛かりしそう。と思っていました。

鉄の棒の先端に大型のトレブルフックが付いている、とてもシンプルな作りで、クランクベイトのようにリップで躱す、とかそういう事もありません。

それを着底させて、しゃくったりするので、水中のブッシュ等に速攻引っかかるだろうな、と。

 

しかし実際に使ってみると、予想を裏切る帰還率。

もちろん引っかかりますが、ちょっと揺らすと、自重がかなりあるので、オートマティックに外れてくれます。

 

ロストが怖くてチャレンジ出来ない、って思いますが、意外と大丈夫です。

アクション 

グルカナイフのアクションについてです。

水平姿勢を保ったまま、ぐるぐると回転し、イレギュラーにスライドしつつ、フォール。

かなりヤバい感じのアクションです。

トラウト用のルアーで、Xスティックなる棒状のルアーがありますが、それの巨大版、のような感じがしました。

(ちなみに、エリアトラウトにおけるスティックルアーの釣れっぷりはハンパないです)

本当にコレで釣れるのか。

正直、サンデーアングラー目線だと、本当に釣れるのか、という懐疑的な気持ちが無い訳ではありません。

なんせ、2oz(54g)もの細長い鉄板が、グリングリンと激しい回転と強烈なフラッシングを伴って落下していくわけです。

 

ロッドへのフィードバックもこれまで投げたどんなルアーよりも、特殊な感覚。

ビッグフィッシュ限定度合いがこれほどまでに高いルアーも無いでしょう。45クラスから、といったところでしょうか。

 

信じて投げ続ける強靭なハートと、これで釣った事のある先人からのアドヴァイスが必要になると思います。

これで釣れる、というのがバスフィッシングの醍醐味、というところではありますが…

 

まさにビッグバス=ビッグルアーの法則を地で行くようなルアーです。

出しどころ

フォール主体で、バーチカルに誘う釣りに使うルアーですよね。

岩盤などの縦ストに、ジグやダブルコロラドのスピナーベイトをアプローチするような感覚で、投げてみました。

 

また、デカバスがニゴイやハスを追いかけまわしているようなフィールドで、マッチザベイト的な感覚で出すと良いんではないか、と思います。

ベイトフィッシュの群れを模すイメージで使う事もあるそうな。

 

何やってもダメ!なときの、必殺リアクションバイト狙い、という使い方もありますね。ダメだったら速攻スレちゃう諸刃の剣ですが…

ビッグスプーンまとめ

他社のビッグスプーンをご紹介します。

nories ダイラッカ

バス用ビッグスプーンの中で、最も知名度&シェアの高いと思われる、nories ダイラッカ。

田辺哲男師匠がこいつでビッグフィッシュをGETしている姿が思い浮かびますよね。

DAIWA Dスプーン

ダイワのDスプーン。

幅広いサイズラインナップ(一番大きいのは、73グラムのド級サイズ)と、ダイワルアーらしい低価格が魅力。

ボレアス アノフラッカー

FROM琵琶湖なボレアス アノフラッカー。

琵琶湖のマグナム狙いで開発されたビッグスプーンです。

まとめ

以上、漢の釣り、ビッグスプーンについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です