【バスの生態】錯乱状態の飢餓バスはなんでも喰う

スポンサードリンク

極限まで腹が減っているバスは、錯乱状態に陥り、ルアーに対して簡単に口を使うというお話です。

バスの生態シリーズ

たまに書いている、バスの生態シリーズです。徒然なるままに、ブラックバスの生態について書いています..

実はルアーのインプレ記事より、場合によっては多く読んでいただけるので、嬉しかったりします。

つかじーさんの影響ですw

完全に雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 – バス釣りブログを運営されている、つかじーさんの影響ですw

自分なんかより100倍深いバスの生態記事を書かれておりますが(*‘∀‘)

 

比較的釣りやすい状態のバス

  

ごく稀に、「比較的釣りやすい状態のバス」に出会えることがあります。

 

バス釣りが簡単、と言っている訳ではないので、そこのところ誤解なきようお願いいたしますw

むしろとても難しいので、いつもデコっている訳ですが…

 

そんな「比較的釣りやすい状態のバス」の特徴をシェアします。

ハングリーバス

 

特に房総リザーバーの上流によく居る、痩せたバス。

狭いバックウォーターという事からボートプレッシャーが高く、また透明度も高いので、喰わない事も多々あります。

 

極限状態のバスは錯乱する

しかし、極限まで空腹状態の「ハングリーバス」は錯乱状態に陥り、いとも簡単に口を使うという仮説です。

もはや、よく言われる「食性」や「リアクション」という要素すらほぼ関係なくなります。

 

先日のハングリーバス

 

先日の三島湖のバックウォーターで釣れたバスがまさにそうでした。

ダメ元で投げた、スタッガーワイドのジカリグに2度もバイト。しかし運悪く、2回ともすっぽ抜けてしまいました。

  

結局、TKツイスターのノーシンカーに替えて再度アプローチすると、またバイト。

今度はしっかりと重みを感じてからグッと合わせ、のりました。

③つの驚き

スタッガーワイド4インチでのサイトフィッシング

 

まさかバックウォーターの見えバスに対して、スタッガーワイド4インチのジカリグにバイトしてくる事があるとは。

普段はバックウォーターでサイトフィッシングする際は、スピニングタックルで、ノーシンカーや虫を投げていました。

 

短時間に何度もバイトしてきた

そして、錯乱状態なので、ルアーに対して何度でも口を使います

普通、ばらした直後のバスは、ファイトを記憶しており、再度追い食いしてくる事は少ないのですが…

喰えそうなモノだったら、何度でもしつこく喰ってくるヤツが中には居るんです。

 

アングラーの存在を気にしない

誇張なしに、ほんとに目の前での出来事です。

スタッガーワイドや、TKツイスターにバイトする様子もすべて丸見え状態。

つまりバスからも人間がしっかりと見えています。

そんな状況であっても、錯乱状態のハングリーバスにとっては関係ありません。

人的なプレッシャーはほぼ関係ない状態となります。

 

何故か

なぜなら、極限状態まで腹が減っているから。(という仮説ですw)

でもそれですべて説明がつくような気がしてます。

 

今回だけじゃない

もちろん、今回だけの出来事ではありません。

豊英ダムや、片倉ダムのバックウォーターでも同じような経験があります。

なので単に「三島マジック」という訳でもなさそうです。

 

まとめ

バックウォーターで痩せたバスを発見したら、すぐに諦めないでしつこくアプローチしてみてください。

そいつがハングリーバスなら、必ずルアーにバイトしてきます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

    • なるほど、やはりそうなんですね〜(^^)

      しかし、弱ってるとはいえ、目の前に居たら釣りたくなってしまいます^^;ちょっとかわいそうと思いつつも何度もバイトさせてしまうという…

      ホントは具合のいい、コンディションのいいやつを釣りたいです👍

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です