8月に口が赤いブラックバスが釣れたよ。低水温で口が赤い訳では無い説。

スポンサードリンク

低水温期のバスは口が赤いですよね。

でも先日釣れたバスは、8月なのにちょっと口が赤かったんです。

低水温の為赤い訳じゃ無かった!?ブラックバスの口の秘密に迫ります。

口が赤いブラックバス

「赤い」とは言っても、真冬に釣れる真っ赤っかのバスとは明らかに違って、まあちょっと赤い、という程度です。

でもこの時期は口が白いバスの方が圧倒的に多い訳で、ちょっと他のバスと違う特徴を持っていると言えます。

口が赤い理由

口が赤いのは何故なんでしょうか。

いくつかの仮説が候補に挙がります。

それぞれ、状況から仮説を論破してみます。

•単に個体差

→冬季に多くみられる特徴なのでこれは理由になりません。

・病気で体調が悪い

→痩せては居ましたが、健康を損なっている感じでは無かったです。

・腹が減ってる?

→痩せてるバスがみんな口が赤いかというと、そうでもないです。

– ザリガニの食べ過ぎ(偏食)

→冬にザリガニを口の色が変わるほど摂取出来ません。

-寒い時、人間の頬っぺたが赤くなるように、生理的な赤面

→8月も赤かったので、これは理由にならない

 

うーん、いろいろ考えられますね。でもどれも違うっぽい。

仮説

という訳で上記をふまえて、仮説を立ててみました。

「バスの口が赤いのは、血流が増えてるから。」

どういう事なのか、以下説明です。

バスの口の役割

まずはバスの口の役割を調べてみました。

-ブラックバスの唇は、これから喰おうとする「エサ」を感じる器官です。

「美味しい小魚」なのか、「美味しく無いルアー」なのか。

つまり、食べ物を食べ続けるのか、吐き出すのか。

それらを感知する為の味覚や神経受容器がたくさん含まれています。

エサを正確に判定したい

 

 

ある程度危機的状況に置かれると、より正確にエサを食べなくてはいけません。

唇が赤いのは、感知器官である口を敏感にさせる為に、血流を増加させています。

腹が減ってるバスがみんな赤い訳じゃない

…でもこの理論では、腹が減ってるバスがみんな赤い訳ではない、という事実を論破出来ないですねw

それを論破するキーは、あくまで唇が赤いバスが冬に多いというところにあると考えます。

冬は一部の大型の個体をのぞけば、ブラックバスはほとんど動かなくなる、と言われています。

腹が減ってるうえに、体をあまり動かさない状態になると唇が研ぎ澄まされていく。という感じです。

バスの血は少ない。

バスの血液量はとても少なく、エラを怪我した場合、数ml出血する程度で命を落とすと言われています。

ですから、冬季に体をちっとも動かさない状態にならない限りは、唇を真っ赤にするほど血流を回せないのではないでしょうか。

こないだの8月なのに赤かったバスも、動きがとても鈍かったです。

 

まとめ

まとめると、

動かないタイミング。そして腹が減って危機的状況。それらが重なった時、唇に血流を回して、バスの唇が赤くなる。

…なんかちょっとそれっぽく聞こえませんか?w

全然違うかもしれませんがw

 

まとめ

ブラックバスは不思議な魚ですね。

この「口が赤くなっているブラックバス」の謎については、まだ正しい答えが出ていないようです。

答えはバスに聞いてみるしかありませんね(^^)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です