ブーヤー スクイールチャーが結構イマドキバズベイト。

スポンサードリンク

ヒロ内藤が長年温め続けたという、ブーヤー スクイールチャー。

ブーヤー社からリリースという事で、良くも悪くもアメリカンルアー的な風情と思いきや…

極めて現代的なバズベイトに仕上がっていました。

 

ブーヤー スクイールチャー

 

今回ご紹介するのは、ブーヤー スクイールチャーというバズベイト。

ヒロ内藤に、明らかに釣れ方が違う。と言わしめた、伝説のバズベイト、エクスキャリバー・プロバズ。

それを目指して開発されたというブーヤー スクイールチャー。なんでも、20年温め続けたとのこと。ちょっと温めすぎなんじゃ!?と思わなくもないですが…w 

ストーリーからしてそそられまくりなバズベイトです。

 

むしろ伝説の「エクスキャリバー・プロバズ」を使ってみたいw

でも、仮にデッドストックで見つかったとしても、スカートはボロボロになってそうだし…

なにより売ってないし。

という訳で、現代に生まれ変わった「エクスキャリバー・プロバズ」である、ブーヤー スクイールチャーを素直に使ってみます。

 

なんだかイマドキなバズベイト

 

最近、depsのマツバズ(左)や、RAID JAPANのマスタブラスタ(右)といったイマドキ系!?なバズベイトを入手したのです。

いずれも、特徴が良く似ています。

線径太目なワイヤー、アッパーアームとロワアームが平行な作り。(空気抵抗が減って飛距離が出ます)

パッケージから出してすぐにイイ音を奏でてくれる「エイジングレス」仕様など、とても使い易く出来ています。

 

なんと、意外な事にブーヤー スクイールチャーも、そんなイマドキ風バズベイトの特徴が当てはまるのです。

「ブーヤーのバズベイト」とか、「ヒロ内藤」というキーワードから想像するバズベイトは、もっと違う感じだったのですが、予想をいい意味で裏切られました。

左右非対称ヘッド

 

とっても個性的な左右非対称ヘッド。

(黒なので、ちょっと分かりにくくてスイマセン。左側だけボコッと膨らんでおります。)

直進安定性を高めるための工夫です。

 

無垢のペラ

 

無垢仕上げのそっけないペラ。誇らしげなBOOYAH BAIT CO.の刻印がシブいですね。

左右非対称で、一方がロワアームに干渉することにより、いわゆる「スクラッチ音」を奏でてくれます。

ただその金属サウンドはあくまで上品で控えめな感じでした。

また、良く見るとペラ後方のエッジが鋭角に曲げられており、複雑な飛沫を発生してくれるというギミックもあります。

芸が細かいですな。

接触面を増やしたリベット

 

すり鉢状に湾曲したリベットと、ペラ側の「受け」部分。ペラとリベットの設置面積を増やします。

金属が擦れる、いわゆる「スクイーク音」をよりよいサウンドにしてくれる一工夫です。

ティンセル系のスカート

 

ちょっと珍しいな、と思ったのはスカートの素材にティンセル系の素材が使われていることです。(あまり珍しくない??)

これに含まれている銀のラメが、パッケージを開封した直後から辺りに散らばるのは唯一アメルアっぽい感じがした部分です。

しばらくテーブルの上がキラキラしてましたw

投げた感じ

ちょっと開封の儀っぽい記事になってしまいましたが、一応現場でも多少投げましたw

正直、多くは語れませんが、良く飛んで良く泳ぐ優等生なバズベイトです。

平べったいヘッドが効いてるのか、浮き上がりも上々だし、ちゃんとまっすぐ引けます。

あと、渋めな感じの文句なしに良いサウンドでした!

まとめ

伝説のバズベイトを目指したという思わず欲しくなるストーリーと、しっかりとイマドキ風な使い勝手の良さも実現したブーヤースクイールチャー。

ヒロ内藤ファンのオールドマニアも、私のようなにわかミーハーもしっかり取り込むスクイールチャーなんでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です