BOTTOMUP ハリーシュリンプ インプレ。クローというより、もはやシュリンプ。

スポンサードリンク

BOTTOM UPのハリーシュリンプの使用感です。

溢れるエビ感を余すことなくお伝えします。

 

BOTTOM UP ハリーシュリンプ

 

川村光大郎氏主宰のBOTTOMUPからリリースされた、ハリーシュリンプ。

品薄状態が続いておりますが、偶発的に入手することが出来ました。

「エビを投げ入れたようなリアリティ!」というキャッチコピーが楽しいですよね(#^.^#)

本物のエビ風に、ちょっと投げてみたのでファーストインプレッションです。

 

フィネスなシュリンプ!

 

かなりスリムなシルエットにまとめられたハリーシュリンプ。

 

繊細なアームパーツやレッグパーツからは、ピリピリとした微振動を発生してくれました。

これがメインのアクションで、逆に言うとこの手のクロー系によくある’強い水押し’を発生させるようなパワーは控えめ。

よく言われるキーワードですが、「タイト」で「ハイピッチ」なアクションが持ち味です。

どこまでも繊細でリアルな「エビ感」をイミテートしたようで、あくまでフィネスなクロー系ワームに仕上がっています。

 

…と、BOTTOMUPから公式アナウンスされている特徴そのままの解説ですいません。…実際そのようになっておりました。

バルキーなワームにスレたバスを一網打尽にするという、なんとも光大郎氏らしいワームです。

O.S.P ドライブクローとの比較

 

多分手に取った事がある方が多い、ドライブクロー4インチと比較してみました。

やはりどちらも川村光大郎氏のプロデュースということで、雰囲気が似ております。

 

特に、お腹側のリブの質感等、兄弟のようです。きっとよく水を噛んでくれる、「秘伝のたれ」的形状なのでしょう。

また、マテリアルに関しては硬さ、匂い、またカラーリングいずれもO.S.Pワームに非常に近似しております。

O.S.Pワーム好きなら間違いなく好物なヤツです。

エビフライのしっぽ

 

しっぽがエビフライ風なリアル形状。

クロー系ワームは数あれど、ここまでエビ感のあるテールは初めて見たかも。

 

ただ、結構薄い作りなので、公式HPにも記載があるように、テキサスやジカリグの具として使う場合は、尻尾はちぎって使うと一体感が増しそうです。

ノーシンカーセッティング(逆刺し)の際はそのまま使って、この部分が水を扇いで独特の水押しを発揮してくれます。

エビ感をダイレクトに演出。

 

川村氏のコラムにて、「うちわ」のような、という表現がありましたがまさにぴったりな表現です。

深いリブ

 

なお、個人的な好みですが、背中側のリブが深く、しっかりとオフセットフックの針先を隠せるのがイイ感じ。

ほんのちょっと隠せるかどうかで、結構操作感が違ってくる部分だったりします。ストレスなくカバーを攻めれますネ。

パーツがシンプルで、ボディに重心が集中しているため、すり抜け性能も上々です。

水平姿勢

大きな爪などが無く、前後の重心バランスが対等に近く、水平姿勢を保ちやすいと感じました。

まとめ

以上BOTTOMUPハリーシュリンプについてでした。

これまでにない「エビ」感を感じさせてくれるシュリンプワームです。

お次は、ヴァラップスイマー4.2inchというシャッドテールワームの開発が進んでいるそうで、今後の展開にますます目が離せないBOTTOMUPです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です