シマノ 14 クロナークcI4+ 長期インプレ 軽量設計、大陸仕様の 深溝スプールの功罪とは。

スポンサードリンク

米国で人気を博し、逆輸入という形でリリースされたシマノ 14 クロナークCi4+。

米国生まれのクロナークは、日本国内でも’バーサタイル’リールになり得るのか。

CI4+素材によって手に入れた軽量設計と、大陸仕様の深溝スプールの功罪について考えます。

シマノ 14 クロナークCI4+との出会い

シマノ 14 クロナーク CI4+

シマノ 14 クロナーク CI4+

 

巻物タックルとして、カルカッタ101を使用していたのですが、霞ヶ浦で紛失(置き忘れ)!し、新しいタックルが必要になりました。

同じリールを購入しても面白くないので、SHIMANO製の他のリールを購入することにしました。

本当は13メタ二ウムが欲しかったのですが、予算が若干足りずにクロナークにすることに。

購入当時はリールそれぞれの狙いなど考えもせず、予算とざっくりとした使用用途に合わせてチョイスしていました…

ノーマルギアorハイギア論争

主に巻物メインの「バーサタイル」タックルにしたかったので、ノーマルギアをチョイス。当時の知識だと、「巻物にはノーマルギア」という固定観念があったからです。

しかしながら、今ではハイギアをチョイスするべきだったと思っています。
 
ハイギアであっても全く問題なく巻物に使用できる上に、打ちモノに対する適正も高まる。つまりハイギアをチョイスしたほうが打ち巻き兼用で使用できる分つぶしが効くはずです。
 
ここは賛否両論あるでしょうが、私はハイギヤで巻物は全く問題ないと考えています。

少し話しが脱線しました。クロナークのレビューに戻ります。

Ci4+素材

SHIMANO クロナークCi4+

SHIMANO クロナークCi4+

CI4+メリット 

 

CI4+素材に関しては、必要十分な強度で、軽さを出せるのが良いところ。一日巻物に使用しても疲労が少ないです。

メタルボディに比べて耐久性が劣ると思われがちですが、ほぼ毎週の釣行に使用しても、大きなたわみ歪みなどは生じていません。

その為X-SHIPによるシルキーな巻き心地は、長期間維持されます。

CI4+デメリット

メタルボディよりも、質感や、剛性感は劣ります。

巻き心地

巻き心地に関してはマイクロモジュールギアによる超シルキーな巻き心地を誇る、13メタ二ウムと比較すればやや不利な点は否めません。

巻きの質感、ここは価格がものをいうポイントなのである程度は致し方ない部分。

異音

これは購入当初から起こっていたと記憶していますが、キャスト時に「ウィーン」とスプール周辺からすごい音がします。

ネットでほかの方のレビューを見ていると同様の症状が出ている方がかなり多いので、これはクロナークの持病でしょう。

私は全く気になりませんが、気になる方は気になると思います。

それぐらい大きな音がします。

ブレーキシューから発生している音だそう。

ブレーキシューにグリスを塗れば音鳴りは解消されます。

しかしグリス切れが早い段階で起こるのでこまめな異音対策が必要です。

ブレーキ調整のハッチ

シマノ 14クロナーク CI4+

シマノ 14クロナーク CI4+

 

ブレーキ調整時にオープンするサイドカバーが、完全に分離するので、落としそうになります。

これはユーザビリティを考えていない、マイナスポイント。

水辺で使用する工業製品でこの仕様はいただけません…

ある意味バーサタイル。それってもしかして?

CI4+素材による軽量設計(185g)と、16LB-100mの深溝スプール、高強度真鍮ギアによる高い巻上げトルク…と有る意味何でもこいの万能設計のクロナーク。

ですが剛性感においてはやはりメタルボディのリールに分がありますし、かといって軽量級巻きモノに使用する場合、深溝スプールが足枷となります。

どっちつかずの軽量設計+深溝スプール仕様は、中途半端な感じは否めません。

巻物寄りと勝手に決める。

シマノ 14 クロナーク CI4+

シマノ 14 クロナーク CI4+

 

私の主観ではCI4+を使用した軽量&コンパクトボディは、打ちモノをこなすというよりは軽量級巻物に使ってこそ、という感覚。

真鍮ギアの巻き心地のシルキーさ、かつ長期間巻き心地が変化しにくいという利点も巻きモノタックルへの適合力が高いハズ。

そこでPEラインの下巻きを入れて12lbラインでの巻きモノタックルとして使用することにしました。

軽量級巻物用ならPEの下巻きを

クロナークは、16LB-100mの深溝スプールなので、たとえば12lbのフロロカーボンのラインを下巻きを入れないで巻きつけるとスプールの重量が増えてしまいます。

フロロカーボンラインは比重が重いのです。

そこで比重の軽いPEラインで、下巻きを入れるとスプールの総重量が軽くなるので、キャストフィール、軽量ルアーへの対応力がUPします。
 
またPEラインによる下巻きは、水を吸うことによる重量増も防げるので、(PEは水を吸わない)その点でも下巻きに適しているといえます。

まとめ

異音問題やサイドカバーの仕様、どっちつかずの軽量設計+深溝スプールなど欠点はいくつかありますが、総合的にはとても良いリールです。
 
高強度真鍮ドライブギアによるトルクフルな巻上げ力を生かした、打ちものをこなすタフネスさも持っていますが、オススメ用途は軽量級巻物機としてPE下巻きセッティングです。

それでいて実売価格は2万円とちょっと。実売価格と性能のバランスの優れた中級機であるといえるでしょう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です