シマノ 17クロナークMGLの注意点。14クロナークCI4+下取り?

スポンサードリンク

大陸育ちの逆輸入リール、クロナークci4+。

ガッツリ巻ける深めのスプールと、アメリカ仕込みのタフネスさがウリの、シマノの異端児的存在。

そんなクロナークci4+、mglスプールを纏い、’17クロナークMgl ‘としてリニューアルします。

’14クロナークユーザーから見た、’17クロナークの価値を考えます。

’14クロナークCI4+

SHIMANO[シマノ] ’14クロナークCI4+

SHIMANO[シマノ] ’14クロナークCI4+

私、何を隠そう’14クロナークCI4+ユーザーであります。

Megabass オロチXXに乗せて、巻き物用のバーサタイルタックルとして使用。

ブレーキの異音が大きかったり、ブレーキ調整ハッチを落としやすいといった欠点もありますが、軽量系バーサタイルリールとして重宝しています。

そんな大陸仕込の’14クロナークCI4+が、17モデルとしてリニューアル。

’14クロナークCI4+ユーザーとしては大変気になるモデルです。

なにが変わったか、ざっくりまとめるとともに、買い替える価値はあるのか、考えてみます。

出典:SHIMANO

ナニが変わったの?

 

マイクロモジュールギア搭載

’13メタニウムに搭載、’14クロナークに非搭載だったマイクロモジュールギアが、’17クロナークに搭載されます。

ウルトラシルキーな巻きごこちを誇るマイクロモジュールギア。

搭載リールと非搭載リールではハッキリと差がつきますよね。

なんと、旧クロナークから価格据え置きで、搭載。

旧モデルも、充分にハイバリュー機種でしたが、MMギア搭載でさらにコストパフォーマンスが高まりました。

 

ただし従来のギアに比べ、刃こぼれなどが発生しやすく、頻繁なメンテナンスが必要だという、マイクロモジュールギア。

アメリカ育ちのタフネスバーサタイルリール、クロナークのキャラに合っているかどうかは微妙なところ。

MGLスプール搭載

 

ハイエンドモデルである’16メタニウムMGLや、エントリーモデルのカシータスMGLの目玉として搭載された、‘MGL(マグナムライト)スプール’が搭載されました。

スプール外側の側壁が肉抜き加工され、慣性モーメントの低さをウリにしたスプールです。

フィギュアスケートの選手がスピンした時に、両手を体の中心に持っていくと回転が速くなる理屈と同じですね★

 

MGLスプールの恩恵はかなりのもので、16メタニウムの回転の立ち上がり、フィールの良さは別格。

16メタニウムMGL、そしてMGLスプールの出来の良さは誰しもが認めるところです。

Xg

これまでラインナップなかった、ギア比8.1のエクストラハイギア仕様が追加になりました。

ハンドル長

Xgのみハンドル長が、48mmとなっています。他は45mm。

旧クロナークは43mmなので、少し長くなっています。

New Svs Infinity

 

新しくなったブレーキシステム、New Svs Infinityが搭載されました。

14クロナークCI4+の泣き所、ブレーキのグリスが切れると盛大な異音が発生するという欠点は解消されていると思われます。

ボディ

ボディは完全なキャリーオーバーになるみたいです。

新鮮味という点では欠けますが、信頼性の引継ぎや、旧モデルからの乗り換え需要に対しては、メリットが大きいです。

従来と同じCI4+素材のメインフレームに、マイクロモジュールギアと、MGLスプール、New Svs Infinityを搭載した’17クロナークMGLのフィーリングはどのようになるのか、楽しみなところです。

 

16メタニウムと比べてどうなのか。

シマノ ’16メタニウムMGL

その差は、

・サイレントチューンの有無(クロナークMGLが無し、メタニウムMGLが有り)

・ラインキャパの違い(クロナークMGLが16lb-100、メタニウムMGLが16lb-80)

・フレーム素材(クロナークMGLが樹脂ボディ、メタニウムが金属ボディ)

あたりでしょうか。

 

17クロナークMGL、買いか?

どーなんでしょうか。

現状14クロナークに大きな不満もなく、快適に使用出来ていることから、少なくともスグに買い換えという事は無さそうです。

まあ、巻き心地の向上は顕著なハズなので、巻きモノ中心に使用している場合は恩恵を受けれると思います。

旧モデルのタフネスさも捨てがたい

マイクロモジュールよりも、従来のギアの耐久性を持つ旧クロナーク。

バーゲンプライスになれば、タフネスさ重視で、あえての旧モデルも買いかもしれません。

買い替え需要により旧モデルの流通量が増えると思いますので、中古市場も活気づきますね★

メタニウムの廉価機種として

従来の13メタニウムと、14クロナークCI4+は、スペックにかなり差がありました。

しかし17クロナークMGLになり、マイクロモジュールギアとMGLスプールが搭載された事により、メタニウムとクロナークの差が縮まりました

実際使ってみると、使用感にけっこう差があるかもしれませんが、16メタニウムが予算的にちょっと…な時の穴埋め的存在になり得るかもしれません。

ただしその場合、ラインキャパが多い分、PEラインを下巻きに入れるなどして、スプール総重量が増えすぎないようにすると良いかと思います。

まとめ

正常進化を遂げた17クロナークMGL。

価格据え置きで上位機種譲りの装備が奢られ、買い得感がUPしました。

メタニウムMGLの影に隠れ、イマイチ存在感の薄いクロナーク?ですが、ラインキャパが必要な向き、アメリカ仕込のタフネスさが欲しい向きには重宝する、隠れた名機です。

もう購入できるみたいです★↓

シマノ 17モデルのほかの記事★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です