’14カルカッタコンクエスト101分解&オーバーホール。なぜカルコンは至高の巻き心地なのか。

スポンサードリンク

14カルカッタコンクエスト101を分解しました。

アルミ鍛造&シンプル構造は何故巻き心地が気持ちいいのか。

カルコンの秘密をシェアします。

また素人がオーバーホールまがいの事をやってみました。

今回の生贄は’14カルカッタコンクエスト101です。

’14カルカッタコンクエスト101 オーバーホール

 

’14カルカッタコンクエスト101です。 こいつをバラします。

俗にいうオーバーホールってやつです。

ハンドル周り

まずはハンドル周りから。 10㎜の六角。逆ネジなので、右回転で緩みます。

スタードラグを外すと、こんな感じ。

順に外していきます。

カルコン豆知識

 

A側のメインギア裏に、サービスホールが設けられています。

半透明のプラスチック製の部品となっており、サイドプレートを開けなくても、MMギアの様子を覗く事が出来ます。

水抜きや注油、内部の状態確認の為に設けられたモノ。

これがすごく好きなんですよね。時計の「裏スケ」みたいな感じで男心をくすぐります。

これもっといろんなリールにあればいいのに、と思います。

A側(ハンドル側)のサイドプレートを開ける

ハンドル周りがすっきりしました。サイドプレートを開けてみます。

右側のねじ二つを外します。ここは結構カタいので、サイズの合ったマイナスドライバー推奨です。

内側のこのネジも外します。ここもカタめです。

御開帳

 

MM(マイクロモジュール)ギヤが姿を現しました。

メインギヤを外す

 

メインギヤを外しました。 うーん。シンプルで美しい。

ドライブギアシャフト

ドライブギアシャフトを外します。

他のリールは、ドライブギアシャフトの上下にある2つのネジを外せばいいのですが、カルコンはちょっと違います。

「ドライブシャフト固定版」が大きくて、ウォームシャフトの固定も兼ねる構造になっています。

なので、ウォームシャフトギアのEリングも外さないと取れません。

 

これですね。

こんな感じでごっそり取れました。

クラッチ回り

続いて、クラッチ回りの分解です。

ピニオンギアとクラッチヨークは引っ張って取ります。

その他クラッチ周りのパーツは、ねじを2本外せば取れるので、外していきます。

 

スッキリしました。すいません、端折り過ぎですねw

バラすときに写真を撮り忘れました。追記しておきます。

残っている黒いプラスチックは、裏からねじで固定されているだけです。

レベルワインダー周り

 

最後にレベルワインド周りを分解していきます。

先ほど、ドライブシャフト軸を分解した際に、すでに先端のEリングは外していますので、引き抜けば外れます。

取れました。

ウォームシャフトのボールベアリング。

贅沢に両側に奢られています。高級機の証。

ただその分、ウォームシャフト周りの部品点数が多いのに注意が必要です。

小さいワッシャーなどが入っています。

ほぼ全バラ

 

例によって、「ほぼ」全バラですw

カルコン、バラしても美しいですな。

まとめ

強靭で美しい鍛造アルミフレームに、シンプルな構造が内包されたカルカッタコンクエスト。

トリッキーな仕掛けは無いですが、「シンプル」を高品質にまとめあげる事が、気持ちいい巻き心地を生み出す理由なのかもしれません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です