クランキングロッドまとめ。ミディアムパワー7ft前後のグラスなヤツら。

スポンサードリンク

1/2oz以上のちょっと大きめのクランクベイトを扱うのに適した、’M(ミディアム)’パワーのグラスロッドをまとめます。

私のクランキングスペシャルタックル

私のクランキングスペシャルタックルは、FD TS-1610 MLFです。

「良い時代のシマノ」?と呼ばれている、ツカケンさんプロデュースの名竿です。端正なデザインもカッコイイ♪

RC1.5、ブリッツなど10g~12gぐらいのクランクをリザーバーでビシバシ投げ倒しています。

1/2ozは若干辛い

私のFDは’ML’という表記で、比較的柔らかめのグラスロッドです。

 

fat cb bds3(1/2oz)など、沼などで投げるようにちょっと大きめのクランクを入手してみたものの、持て余しています。

投げれなくはないのですが、当然ながら「最適」ではないのです。

 

…という訳で1/2oz程度のクランクベイトを快適に扱える、’M’表記で7ft前後のグラスロッドを探しています。

「FD TS-1610 MF」が中古で有れば良いのですが、中古は一期一会だしな..そしてけっこう古い竿なので、ミントなヤツはほぼ出てきません。

現行のラインナップから選ぶとすればどんなロッドがあるのでしょうか。まとめてみました。

シマノ ゾディアス170M-G

 

ゾディアスから170M-G。適合ウェイトは7-28g、4m-5mの潜行深度まで対応。

グラス比率60%のグラスコンポジットで、濃厚なグラス風味を味わえるようです。それでいて自重は140gに抑えてあります。

安価でインプレ評価も高く、非常に気になる一本です。

シマノ エクスプライド170M-G

ゾディアスと同番手で、シマノ エクスプライド170M-Gもあります。

以前は深江真一プロお気に入りの170M-CRという番手でしたが、こちらは残念ながら2017年のNEWエクスプライドの登場時に廃版となってしまいました。

170M-CRのときはカーボン含有率を増やし、ゾディアスの170M-Gと明確に性格を分けていたようですが、新しい170M-Gの使用感も気になります。

レジットデザイン WSC G68M

レジットデザインのWSC G68M。レジットデザインのグラスロッドの中で最もパワー方向に振ったロッドです。

適合ウェイトは7-21g、自重は155g。100%グラスのピュアグラスという点も大きな特徴。

 

北大祐+バサクラ+そしてこのWSC G68Mという方程式が脳裏をよぎります。

北大祐氏はこれでRTO2.5(16.4g)を投げていたので、1/2oz前後のルアーにドンピシャ(なはず)。

まとめ

以上、7ft前後のクランキングロッドまとめでした。

エアプレイ全開で失礼しました。あくまで個人的なウィッシュリストという事ですw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です