CX-5 25T Exclusive Mode(ガソリンターボ )インプレ。ドイツ車キラーです。

スポンサードリンク

家族所有のMAZDA CX-5 25T Exclusive Modeのインプレです。

ドイツ車を積極的に選ぶ理由が無くなるほど、イイ車でした。

CX-5 25T Exclusive Mode

 

マイナーチェンジで追加された、2.5L ガソリンターボ仕様のCX-5です。

グレードは、25T Exclusive Mode。

ディーゼルのイメージの強いCX-5ですが、ガソリンモデルの走りやいかに。

ドイツ車キラー

 

いきなり総評ですが、いろんな意味でドイツ車に追いついた(むしろ超えた?)イイ車でした。

ゴルフ7と比較して、もはやなんら遜色ないと思います。

こんなこというと、良く居る「ドイツ車厨」的感じですが…実際ゴルフ7がめっちゃ良い車なので…

(不正とかありましたけど、なんだかんだ車はイイです。)

でも、もうこれからはMAZDAでイイ。車好きの琴線に触れる仕上がりです。

上質でパワフルな4気筒ターボ

まず、注目のガソリンターボの感触ですが…とにかく4気筒なのに回転フィールが上質で、6気筒エンジンの方が上質、という評価はもう古い考え方になりました。

ゴルフの4気筒も素晴らしいのですが、それに肩を並べる、いやもしかしたらMAZDAの方が良い??

 

ターボも本当に自然で、ターボらしくないターボという感覚。4リッター車並みのトルクという謳い文句でしたが、マジです。

なみなみ溢れるトルク感は、セルシオの1UZ(4リッターV8)を思い出しました(言い過ぎか?w)

 

踏めばスカッと加速します、ただし音は普通っぽいですが…もう少しスポーツマインドを煽るような音が欲しい気もします。

当然、ディーゼルにはないすっきりとした回転感覚も、ガソリン車ならではのメリットです。

剛性感

車体の剛性感も素晴らしい。

剛性厨の人も納得の仕上がりでしょう。ミシリとも言わない感じが頼もしい。

ドアを閉めた時の感触

ドアを閉めた時に伝わってくる、剛性や機密性が高そうな感触..

(ドムッって感じです。気持ちいいんですよね、あれ。)

MAZDA車でも味わえます。

乗り心地もイイ。

きっちりと作り込まれたボディに、しっかりと仕事する足が組み合わされています。

ということで悪い訳がない。かなり乗り心地のイイ部類に入るんじゃないでしょうか。

ドラポジが取りやすい

 

ハンドルやペダル位置といった、操作系のレイアウトが自然でとても運転しやすく、疲れも少ないですね。

 

オルガン式のアクセルペダル(吊り下げ式ではなく、フロアから生えてるやつですね。)がポイント高いです。

ちなみにゴルフ5はオルガン式でしたが、残念ながらゴルフ7は吊り下げ式になりました。コストダウンしてるっぽい..

MAZDAはアップルっぽくなってきた気がする

 

すっきりしてて、なおかつ上質な内外装デザインのセンスの良さは、なんだかアップル製品と似たような洗練度を感じました。(apple carplayも搭載されているし?)

国内メーカーのなかで頭一つ出ていると思います。

ゴテゴテグリルを推しまくりな日本の自動車メーカーに危機感を覚えることもしばしばですが、MAZDAを見てるとまだまだ捨てたもんじゃないな、と安心します。

最近のMAZDA本当にイイです。

欠点

 19インチはタイヤ高そう。

19インチタイヤということで、交換時に高くつきそうな気がします。

ちょっと市場調査してないで言ってますが、今時、意外とそうでもないのかな…?

中途半端なメーター

 

スピードメーターのみデジタルという、不思議なメーター類。なぜ全面デジタルじゃないのでしょうか。

ちょっと中途半端かな、と思います。デザイン自体は嫌いじゃないです。

それと、ちょっと不思議なのが、航続可能距離計とガソリンメーターが二つ共メモリで表示されているのですが、航続距離の方は何キロ、という表示だけで済むような…??

MAZDAのブランド力のなさ

MAZDAというブランド自体に、あまりときめきを感じないというか…

ブランド力があまりないような気がします。モノはめっちゃイイのに、損している?感じがします。

まとめ

以上、CX-5 25T Exclusive Modeでした。

買って後悔するようなことは1mmもない、非常にイイ車だと思います。

とりあえずサクッとファーストインプレでした。次は釣りに行った際の使い勝手などをシェアいたします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です