ダイワ 18イグジスト、キタ!保守派シマノに会心の一撃か。樹脂ボディリールの最高峰。

スポンサードリンク

予告通り、18イグジストがDAIWAのHPで発表されました。

革新派ダイワは、保守派シマノの牙城を崩せるのか。

改革をシェアします。

ダイワ 18イグジスト

 

出典:DAIWA
 
 

デザインは超シンプルですね。18ステラよりもシンプルかも。

ガンメタ一色のみのシブいカラーリング。スプールの飾り穴はもしかしてレス??

逆にスゴみがあるというか、風格が感じられます。

LTコンセプトのフラッグシップ

’18フリームス、’18カルディアに採用された、「LTコンセプト」

’18イグジストは、「LTコンセプトのフラッグシップ」としてのデビューとなるようです。

 

先に正式発表された’18フリームス、’18カルディアは、イグジストに搭載されたLTコンセプトの技術を小出しに紹介するための前座的発表だったのかもしれません。

・ロングキャストABS(飛距離UPの新形状スプール)

・一層強化されたタフデジギヤ

新形状のドラグノブ

などLTコンセプトに搭載された技術は当然惜しみなく’18イグジストにも搭載されています。

 

マグシールドの有無は選択できる!

 

オリジナルモデルはマグシールドラインローラーを採用。ドライブギヤー軸もマグシールドボールベアリングで完全武装。

このクラスでは破格の防水性能を実現し、ウェーディング時の浸水に怯えることもない。

フィネスカスタム(FC)モデルは、より繊細な釣りに特化し軽量ハンドルアームを搭載。

また、あえてマグシールドラインローラー、マグシールドボールベアリングを採用せず軽量化を極めた。

そして、賛否あるマグシールドに関しては、オリジナルモデルフィネスカスタム(FC)を用意し、有無を選択できるようです。

※訂正

フィネスカスタムモデルは、ローター部分のみマグシールドを搭載

 

擁護派、否定派双方を取り込む戦術でしょうかw

少し迷いが見える?とも思えますが、魚種によって要不要は異なるはずなので、多くのユーザーが恩恵を受けれるポイントです。

保守派シマノの牙城を崩せるか

ダイワは超積極的にカーボン繊維樹脂素材、ZAIONをあらゆるリールのボディ、ローター素材として採用しています。

もちろんフラッグシップである’15イグジストも例外ではなく、ZAION製となっています。

 

一方で、シマノは一部リールでCI4素材(カーボン繊維樹脂)を採用していますが、フラッグシップであるステラは金属ボディとなっています。

 

つまり、現在の構図としては、

ダイワ:樹脂リール積極派

シマノ:金属リール保守派

という事が言えるでしょう。

当然一長一短ありますが、18ステラと18イグジストが同時発表され、ガチンコバトルすることにより、この考え方の違いが今後どのように発展していくのか、興味深いところです。

素材変更の可能性も?

大々的に’革新’を謳う今回のモデルチェンジ。

もしかしたら、メタル化や新素材の可能性もあるかもしれません。

予約開始!

すでに予約が開始されているようです。

まとめ

ついにベールを脱いだ、18イグジスト。

明後日、再度ダイワHPが更新されるようです。続報が待ちきれませんね(*´Д`)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー