買い物ログ。DAIWA 折り返しグローブ【DG-8206W】開封の儀。

スポンサードリンク

DAIWAの指先折り返しグローブ、DG-8206Wが着弾しました。

ダイワのグローブってどんな感じなんでしょう。

質感などのインプレです。

DAIWA DG-8206W

注文していた、DG-8206Wが着弾しました。

特徴としては、

・チタンコーティングを施した素材を使用

・親指、人差し指、中指を折り返し可能

目立った特徴としてはそんな感じのシンプルなヤツになります。

以前書かせていただいた通り、「指先折り返しタイプ」に拘って選びました。

 

「指先折り返しタイプ」のグローブは選択肢が少ないので、良さそうなのを探すのに苦心しましたが、なんとかDAIWAのヤツをGET出来ました。

とりあえず「開封の儀」っスw

デザイン

DAIWAのマーク以外、特に目立った装飾もなく、シンプルで好ましいデザインです。

個人的にD社のマーク、結構好きなんです。

 

シマノリールばかり使っているので、手元がメーカーミックスになってしまいますが、致し方ないですねw

シマノには折り返しタイプが無かったのです。

折り返し部分

肝心の折り返し部分ですが、仕舞い感的には良好で、きっちりと折りたためます。

ただ、ややマジックテープが弱めなのが気になりました。

ぎゅっとグーを握ると、ちょっと外れやすい感じもします。

釣りをしている最中にぎゅっとグーを握ることはそんなにないですが…

質感

定価5000円オーバーという事で、グローブとしてはかなり高価な部類に入る製品だと思います。

(実質は割引されて販売されていますが、それでも4000円ぐらいしました)

各部の質感は、やはり値段相応にちゃんとしている印象。

 

甲側の素材感は、ネオプレーンほど厚くなく、比較的薄手。

釣り場で手を保温してくれるギリギリの厚みを確保しつつ、操作感を失わないぐらい。

特殊感はなく、よくあるフィッシンググローブ、といった感じです。

 

手のひら側の素材感はちょっとゴムっぽい質感になっており、パンチング加工的な?感じになっています。

滑りにくそう。

 

シンプルで長く使えそうです。

価格

よく出来ているし、質感も高めです。

ただ、もう1000円ぐらい安いと良いかな、というのが正直なところではあります。

んーでも一流ブランドですし、妥当なのかな..?

まとめ

以上、お買い物ログでしたwフィールドで使ってまたインプレしたいと思います。

DAIWA社のグローブを購入検討予定の方に、少しでも参考になればイイですが…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です