ダッシュボードチューン。バス釣り気になるキーワード。やってみた。

スポンサードリンク

ダッシュボードチューンなる妙技をご存知でしょうか。

その名の通り、車のダッシュボードにワームを放置してテロテロにするチューニングです。

実際に試してみました。

ダッシュボードチューン

SNSなどで話題の「ダッシュボードチューン」。

車のダッシュボードにワームをパッケージごと放置プレイし、高温にさらすことによってワームをテロテロにチューニングする、という妙技です。

当然の如く強度は落ちるので、なんでもかんでもダッシュボードチューンすれば良いってモンでも無さそうですが、テロッテロになったワームはやけにデカバスに効くという噂。

さらにダッシュボードチューンの良いところは、パウダーやリキッドを購入する必要が無く、「ゼロ円チューン」という事。

非常に手軽にできるチューニングなので、実際にやってみる事にしました。

煮るチューン

昔からよくあるワームのチューン方法として、「ワームを煮る」というチューン方法がありますね。

シャッドテールの癖を直したり、ワームを柔らかくしたい場合などに効く、という感じでしょうか。

しかしこれだとワームの塩分や、ニオイ成分が抜けてしまったりと、諸刃の剣チューンでもありますw

理にかなっている

その点、ダッシュボードチューンは非常に理にかなっているというか、パッケージのままワームを放置プレイするだけなので、ワームの成分的な部分はしっかりと残したまま、柔らかさだけを得る事が出来ます。

また、その手軽さも美点で、ちょっとやってみようという感じになりますよね。

煮るチューンは地味に面倒ですw

という訳で、「ダッシュボードチューン」をやってみます。

ラインナップ

今回のダッシュボードチューンの生贄のラインナップはこちらのワームたち。

同じメーカーばかりだとつまらないので、数社から登板してもらうことにしました。

・フラッシュユニオン ユニオンクロー

 

・deps ブルフラット

・ノリーズ エスケープスイムツイン

こいつらをダッシュボードチューンしたいと思います♪

テロッテロ

結果、どのワームもテロッテロに仕上がりました。

文章で伝えるのは難しいのですが、テロテロ具合半端ないです。

これは効きそう。

確かにスレたデカバスによく効きそうです。

チューンによって「釣れる!」感が出てくれるのも楽しいですし、そういう要素って重要ですよね。

回遊待ちなどでも、信じて投げれる仕様になるのではないでしょうか。

現場でのインプレッションは次回記事にて!

まだ現場で使ってないですw

続編記事として書きたいと思います!

まとめ

話題のダッシュボードチューンについてでした。

お手軽なのでぜひやってみてくださいね。

ちなみにワームのパッケージからオイルが漏れたらとんでもないことになるので、できれば未開封のワームで実施することをおススメします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です