デカバスの釣り方。まずは子バスと戯れよう。

スポンサードリンク

デカバスを狙って釣るのって、難しいですよね。

…でも実は、子バスと戯れることが、デカバスへの近道だった!?

デカバスの効率的な狙い方を考察します。

デカバスを釣りたい。

 

なんやかんや、大きい魚が釣れると嬉しいですし、どうせ釣れるなら大きい魚がイイ。釣り人なら、誰しもがそう思うはず。

しかし、サンデーアングラーにとって、デカバスを狙って釣るというのは至難の業。

正直いって、運的要素も大きく影響しているかと思います。

そこで、どうしたらデカバスが狙えるのか、考察してみます。

 

子バスと戯れる

 

子バスなら容易に数釣り出来る。というとき、どうしますか?

(子バス、といっても定義は人それぞれかと思いますが…いわゆる25センチ以下、ノンキーパーが子バスだとします)

1.シカトして、デカいのしか狙わない。

2.子バスと戯れる

個人的には、子バスでも釣れると嬉しいし、何の反応もないよりは、子バスでも釣れたほうが良いと考えています。

なので、全力で子バス達と戯れておりますw

デカバスへの近道!?

 

当然、デカバスを釣るよりも難易度は下がります。やはり、実感としてサイズに比例して賢くなるからです。

子バスばかり狙ってどうすんだ…と思われるかもしれません。

しかし、子バス狙いでしっかりと子バスたちと戯れる行為が、実はデカバスへの近道だとしたらどうでしょうか!?

 

相模湖でイイのを釣る

 

おお、なるほど~。と思った相模湖攻略法がありまして。

相模湖って平均サイズが小さめで、「子バス祭り」状態になりがちなんです。

 

そこで、こんな質疑応答がどこかで繰り広げられていました。

(どなたがおっしゃっていたのか忘れてしまったのですが…)

 

どうしたら相模湖でデカバスが釣れますか?という質問に対して、

「まずは子バスでも良いのでたくさん釣って、魚を揃える事を意識します。そうすると、そのうち良いサイズをあげる事も出来るようになってきます。」

という回答をされていたんです。

 

まあしっかりと実感できた訳ではないんですがww

たしかに、まずは子バスをしっかりと釣っていると、たまにポツポツと良い魚も混じるという事がありました。

 

安心フィッシュ

 

この「子バスを揃えるとデカバスに近づく論」は、いろんな面でとても理にかなっていると感じます。

 

ひとつ言えるのは、子バスも見境なく狙っていれば、そうそうに「安心フィッシュ」を得られるという事。

というのも、やはり一本釣れているのと、まだ釣れていないのとでは精神状態が変わってきます。

 

個人的な見解ですが、やはり釣れていない状態で焦りや苛立ちがあると、余計に魚が遠ざかるという事は多々あると思います。

それが一本釣れていることにより肩の荷が下りて、いわゆる「殺気」が抜け、さらに魚を得ることに繋がるのです。

 

何より楽しい

やっぱり釣りなんで、ちょこちょこ釣れたほうが楽しいにきまってます。

いきなりデカバスONLY狙いもイイですが、まずは子バスから狙う事によって、生命反応を楽しむ事が大事なのではないでしょうか。

 

まとめ

子バスと戯れていると、不思議とデカバスに近づくという逆説的なお話でした。

…デカバスはおろか、子バスさえ釣れない釣り人が語りました。何を言ってるんだこいつは..という感じでスイマセンw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です