deps コンツアージグ。人気のジグでジグストしてみた。

スポンサードリンク

キムケンプロデュースのdeps コンツアージグ。

大人気のラバージグという事で、その人気の秘密を探ります。

deps コンツアージグ

 

超人気のラバージグ、depsのコンツアージグを試投程度ですがいじってみました。

ジグスト

ラバージグを中層スイミングさせる、ジグストというテクニック。「ジグによるミドスト」で、「ジグスト」という事ですよね。

キムケンさん発信のテクニックだと思うのですが、キムケンさんがジグストをする際に使っているのがこのコンツアージグになります。

 

ロッドを縦方向に小刻みにシェイクさせながら、ラインスラックを回収する程度にゆっくり巻き、ラバージグを中層スイムさせるジグスト。

ここ最近、新たなテクニックとして台頭してきた感がありますが、ラバージグツカイの方からすれば、昔からやっていたよ!みたいな意見もあるそう。

 

私もチャレンジしてみてはいるものの、正直モノには出来ていないのですが…

まあ、コンツアージグの特性として、中層スイミングも意識した仕様である、という事が伝わってきますよね。

ヘッド形状

 
(トレーラーはデプサー風にdeps バルビュータ3.5inにしてみました(*’▽’)) 

 

コンツアージグ最大の特徴でもあるヘッド形状は、これまでに見たことがない特殊形状です。

(deps HPでは[デルタ形状]と呼んでいました)

 

出典:deps

前方の微妙なRが付けられた形状が適度な水押しを生み出し、中層スイミングさせた際の引き感もあり、アングラーが迷子になりにくいと感じました。

重心の位置も絶妙で、下方に落ちすぎず、手前に戻り過ぎず、といった感じで、中層をキープしやすかったです。

 

サイド部分の平面部は、スナッグレス性能やすり抜けを重視した形状でしょうか。カバー打ちにも適応能力が高そうです。

 

ハリのある極太ラバー

 

開く傾向の強い極太シリコンラバー。取付部の円状のパーツにより、しっかりとフレアさせています。

スイミング時にオートマティックにブワッと広がり、アピールしてくれます。

しかし本数が絶妙なバランスで、派手すぎるという事はありません。

ごついフック&遠慮ないワームストッパー

 

琵琶湖仕様!?なのかかなりゴッツイフックが標準装備となっています。(RYUGI社製)

それとワームキーパーも無遠慮なワイヤー式。ワイヤーの張り出しがかなり大きいため、細めのワームをセットしにくく感じました。

いったんセットしたら必ずズタボロになりますので、一発でフックセットをキメる事が要求されますw(逆にホールド力は最強ですが..)

カラーリングが美しい

カラーリングが非常に美しいのも素晴らしいですね。

なんというか、ソソるカラーラインナップです。

まとめ

細部を見てみると、キムケン氏の拘りがひしひしと伝わってきました。

わりとオールマイティに用途を限定しないところが、人気の理由のひとつだと感じます。

特にジグストはハマるとすごそうなので、ぜひ習得したいと感じます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です