初めてのダウンショットリグはオフセットフックが良い3つの理由。

スポンサードリンク

ダウンショットリグ。手軽にバスをGETできる魔法のリグです。

初心者がダウンショットリグを使う場合、マスバリでは無くオフセットフックの使用をおすすめします。

その理由をシェアします。

ダウンショットリグ

当記事は、バス釣りにおける「ダウンショットリグ」について解説します。

さらに、ダウンショットリグで使用するフックについて、「オフセットフック」の使用を推奨する記事になります。

バス釣り初心者向けの記事になります(^^)

まずはダウンショットリグの基本から。

フックとラインを結ぶときに、20センチぐらいラインを余らせて、その先端にシンカーを装着します。

(余らせた部分をリーダー、と呼びます)

リーダーの20センチは、手のひらをめいっぱい広げて親指から小指の先までの長さを測っておくと便利です。

私の場合ここがぴったり20センチなので重宝していますw

リグるときのコツとしては、先にフックとワームをセットしてから、結びつける事です。

重さが無いフックにラインを結びつけるのは面倒ですからね。なので先にフックとワームをセットしてしまいます。

ノットは?

ノットは、ハングマンズノットでやってます。

私の場合すべてのルアー、リグ、ラインでハングマンズノットです。

 

なにより簡単で超速く結べるし、結ぶときにルアーをぐるぐる回す所作がカッコいいから、というのもありますw

そしてノットの強度も強い!です。ラインを引っ張れば引っ張るほどノットが強く結束するという夢のようなノットなんです。

 

ダウンショットリグの場合は、上写真のように、ノット結束後にフックの上方向から一回ラインを通します。

そうすることによってフックの向きが安定します。

 

…本当は他にダウンショットリグに適したノットがあるっぽいですがここでは割愛しますw

個人的にはハングマンズノットで良いような気がしています。

’底の何か’を狙える。

ダウンショットリグの最大の利点は、簡単にボトム(底)がとれること。

 

アクションの基本は、ボトムズル引き。そして何かに引っかかったと思ったらチャンスです。

これは大抵フックではなく、シンカーが何かに引っかかっている状態です。つまり「何かがある」という事。

 

ブラックバスという魚は、「何かに付く魚」なので、その魚を狙えるという訳です。

つまり、ボトムに存在するインビジブル(見えない)ストラクチャーを攻めることが可能になります。

 

フックは?

ダウンショットリグのフックは大別して2種類使用することが出来ます。

 

ひとつはオフセットフック、もうひとつはマス針です。(上写真はマス針。’ちょん掛け’で使用します)

マス針か、オフセットフックか。

 

初心者のうちはオフセットフックをおすすめします。この記事ではその理由を説明していきますね★

 

フックなのかシンカーなのか判別しやすい。

ダウンショットリグをズル引きして、シンカーが何かにひっかかる感触、というのが初めのうちはわかりにくいと思います。

 

マス針だと針先がムキ出しなので、マス針が根掛かりしてしまうことも結構起きてしまうんですよね。

するとフックが引っかかってしまったのか、シンカーがひっかかってしまったのか、判別しにくい。

 

オフセットフックならば、よほど複雑怪奇な場所に投げない限りは、フックが根掛かるということがほぼ起こりません。かなりの確率でシンカーが引っかかった状態、になるわけです。

 

試しにプンっと竿を上方向に優しく振ってみると、取れることがほとんどです。

 

リズムを作ろう。

オフセットフックを使用する事によって、根掛かりを防ぎ、釣りのリズムを良くするという効果もあります。

 

釣りを始めたての頃って、熟練者と比べるとリグを作るのに時間がかかります。

マス針で根掛かりが多発してそのたびにリグり直すと、釣りをする時間が極端に少なくなります。

 

これはしょうがないことですが、やっぱり「釣れる人」っていうのは1秒でも多くルアーを水中に入れている人なんですね。(当たり前かw)

つまり初心者であればあるほど、オフセットフックを使用するべきなんです。

オススメオフセットフック

オフセットフックは、スピニングタックルの場合、必ず細軸のモノを使用します。

おすすめのデコイのSSフックワーム19か、ガマカツのWORM322 SLIM STYLE。

どちらも4lbラインで扱っても、細軸の為、ちゃんとフッキングしてくれます。

フッキングはマス針。

私はオフセットフック推しですが、まったく逆の主張をされる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜなら、フッキングに関してはやはりマス針に分があるからです。

 

触れるようなバイトでもスッと刺さりますし、オートマティックにフッキングしてくれます。

初めての方が良くわからないであろう、「アワセ」をフックがやってくれるので、初心者こそマス針!という主張です。

 

しかし、オフセットフックでも、細軸のモノを使ってあげれば、極端に刺さりにくいという事は無いですし、スィープにフッキングしてあげればたいてい刺さります。

スィープにフッキング、というのは、バイトがあったときに、ゆっくりと竿を胸元に引き付けてあげるだけです。これだけでフッキングしてくれます。

釣りDVDのような「バシッ!」としたフッキング、かっこいいですし憧れますが、細軸のオフセットフックならば、そこまでがっつりフッキングしなくても大丈夫です。

 

ショートバイトはマス針がかかりやすい。

ここまでオフセットフック推しでしたが、唯一、オフセットフックが適さない場合があります。

それは低水温期、つまり冬場です。

 

冬場は極端にバイトが浅い場合が多いので、マス針が強いです。

オフセットフックでは超ショートバイトはノせられず、とりこぼす可能性が高いです。

 

なのでオフセットフックでのダウンショットが有効なのは、「シーズン中」限定です。

低水温期のテクニカルなダウンショットリグについてはカケヅカさんが教えてくれています(^^)

環無しのマス針を使った超繊細なメソッドは目から鱗。必見です。

シンカーは1.8gを基準に。

シンカーは軽ければ軽いほどバイトが出ます。

やはりバスからしたらシンカーなんて単なる違和感の塊でしかないですから、可能な限り軽い方がいいです。

 

しかしながら、1.8gぐらいあるほうがキャストしやすいのも事実です。

スピニングタックルでのダウンショットシンカーは、だいたい1gから3gぐらいのモノを使用しますが、キャストの精度も考えると基準は1.8g、だと考えています。

 

そこからたとえば風が強い日は重くしたり、反応が無い時は軽くしたりします。

シンカーウェイト、ないがしろにしがちなところでありますが、実は釣果に差がつく決定的な部分でもあるんですよね。

 

強風時の重たいシンカーは必須。

特に強風時にシンカーウェイトを重くするのは超大事で、ボトムの感触が伝わる程度に重くしないと、何やっているか分からなくなってしまうしバイトも逃します。

 

底がとれないダウンショットリグは全く無意味なんです。

 

シンカーの重さは最低でもたとえば、1.3g、1.8g、2.7gの3種類ぐらいは用意しといたほうが良いです。

0.1g単位の差ですが、かなり操作性が変わりますし、魚の反応もガラッと変わります。

超おすすめシンカー

とはいえ、タングステンシンカーは地味に高価。

なので、私は鉛製だけどちゃんとラインアイがついている、デコイのコツコツ君を愛用しています。

コスパと性能のベストバランス、コツコツ君。超おすすめですよ(^^)

シンカーとラインはノットで結ぼう。

あとちょっとした小技ですが、シンカーのラインアイにはチョンとラインを掛けるだけじゃなくて、ちゃんとノットを作って結びつけることによってかなり外れにくくなります。

これをやるようになってからシンカーのロスト率が劇的に減りました。面倒ですが積もり積もってシンカー代を抑えることが出来ます。

ワームは?

今更私のブログで紹介するまでもないですが、ゲーリーヤマモト レッグワームの2.5インチがおすすめです。

カラーは、日の光の届きにくいボトム付近でもシルエットがはっきりする、ソリッドブラック。

 

レッグワームの神、小森嗣彦氏もソリッドブラック推しです★

小森氏が推している関係か、量販店に行くとソリッドブラックだけ品切れ、という事が多いのでネットで仕入れるのが良いです。

 

ホントソリッドブラックだけ売ってないんですよね汗

まとめ

とにかく初心者のうちは細軸のオフセットフックを使ったダウンショットリグで、「釣りのリズム」を大事にします。

すると快適なダウンショット生活?を送ることが出来ます。

 

マス針でのショートバイト対策、はその先にあるメソッドだと考えています。

 

..自分なりに感じたダウンショットリグのコツ、みたいなものをあらためてまとめてみました。

何かのお役に立てれば幸いです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です