ダウンショット用シンカーの形状ごとの特徴まとめ。+おすすめシンカー

スポンサードリンク

ダウンショット用のシンカーの形状に拘って、いろいろと試してみました。

いろんな形状があって悩むけど、結局どれがイイの!?

奥が深いダウンショットシンカーの世界を覗いてみます。

ダウンショット用シンカーの形状

まずはダウンショット用シンカーの形状について、まとめます。

 

ラウンドタイプ。丸形ですね。

 

そして左から、ティアドロップタイプ、両社の中間ぐらいのやつ、スティックタイプ。

(ラウンドタイプだけ写真が別ですいません…一番左に置いてあると思ってくださいw)

一般的に、ラウンドタイプが接地面積が多く感度重視。スティックタイプの方がすり抜け性能が高く根掛かりしにくい。

そして、ティアドロップタイプが両者の中間です。

 

丸くなるほど感度が向上し、細長くなるほどすり抜け性能が向上する訳です。

感度orスナッグレス?と、自分が求める性能で形状をチョイスします。

 

スティックタイプが引っかかりにくいのは認める。

 

個人的な感想ですが、確かに、スティックタイプの引っかかりにくさは高いと思います。

しかし、ラウンドタイプにしたことによる感度向上については、5g以下のダウンショット用シンカーに関していえば、それほど大きな差があるか、やや疑問です。

多分ブラインドテストしたら分からないと思います。

スティックタイプをベーシックなシンカーとして使用

という訳で、不感症な私は、5g以下のシンカーでは無くさない事を重視し、主にスティックタイプのシンカーをメインに使用しております。

タングステンシンカー、マジで高いので(汗

底質が分かっていて、引っかかりにくいところでは、ラウンドタイプに変更します。

 

おススメのタングステン製ダウンショット(ドロップショット)用シンカーをご紹介します。

迷ったらコレ。スタジオワンハンドレッド タングステンドロップシンカー カバー

 

という訳で結局、これまで一番購入しているし、使用感も素晴らしいのはスタジオワンハンドレットのタングステンドロップシンカー カバー。

単価的にも多分最も安い方だと思います。ダウンショットシンカー界のエース的存在ですね。

JACKALLのタングステンカスタムシンカーもイイよ。

 

もしくはJACKALL社のタングステンカスタムシンカーもなかなかよろしい使用感、単価です。

カッコイイタングステンシンカー、RYUGIのDSデルタ TS

 

RYUGIのDSデルタ TGがカッコイイ。一番カッコイイダウンショットリグ用タングステンシンカーかも。

 

独特な美しい三角錐的な形状、表面のツルツル感も素敵。

ちゃんと意味がある形状で、ボトムでの転がりを抑えて、どっかに挟まるリスクを軽減します。

本番用!?またはここぞという時に使うようにしています。

便利なTGグレネード

 
 

ちょっと変わり種?的なノガレスのTGグレネード。手りゅう弾型というユニークな形状と、クイックチェンジャーシステムを搭載。

ダウンショット用には、普通のハリス止め仕様のTGグレネードがイイと思います。

(手元にクイックチェンジャーの方しか無かったですw)

 

※クイックチェンジャーは、ジカリグの際にシンカーウェイトをこまめに変えたりするのに便利です。

また、ビッグベイト用のウェイトとして使用してもすぐに取り外しが出来ますね。

 

最強の鉛シンカー、ZAPPUのスタンダードシンカー[STANDARD SINKER] マル秦

 
 

ここまで主にタングステン製のダウンショット用シンカーをご紹介しましたが、コスパ最強、忘れてはいけない鉛製のシンカー。

いつもいつでもタングステンシンカーを使っていたら、お金がいくらあっても足りません。シンカー貧乏に陥ってしまいます。

 

そこで、個人的には鉛シンカーやガン玉も超積極的に使用しています。

 

でも、なんかガン玉はやだなあ。みたいな気持ちがあります。

デカいので沈下速度が遅くなるというデメリットはあるものの、その他大きなネガがありませんが、リグったときの満足感というか、カッコイイダウンショットリグに仕上がらない罪悪感があります。

 

そこで、出来るだけカッコイイ鉛シンカーを探した結果、私の中で、コツコツ君がカッコイイ鉛シンカーとして君臨していたのですが、さらにカッコイイ鉛シンカーがZAPPUのスタンダードシンカー[STANDARD SINKER]です。

 

タングステンシンカーに負けず劣らずのイケメンシンカー。

鉛シンカーを使っているという心の引っ掛かり、罪悪感をほぼ無くしてくれるんですよね。

美しいリグはなんだか釣れる気がします。こういう気持ち的な部分を満足させてくれる鉛シンカーってあまりないんですよ。

これは素晴らしいシンカーです。

大きさ比較

 

カッコイイだけでなく、大きさもデカすぎないんですよね。

スタジオワンハンドレットのタングステンドロップシンカー(タングステン)と大きさを比較してみました。

 

左がワンハンドレット、右がZAPPUです。両方とも1.8g。

鉛とタングステンの比重はおおよそ2倍の差があるという認識なのですが、形状の妙なのか、デカすぎない感じに仕上がっています。

ちょっとぼよーんとデカくなりがちな鉛シンカーですが、これはそれが上手に抑えられています。

まめ知識:ノットを作ると取れにくい

 

しょうもない豆知識ですが、いわゆる「ハリス止め」と呼ばれる、ラインを引っかけるループタイプのシンカーは、ちゃんとノットを作って結んであげるとシンカーロストの確立がグッと低くなるのでおススメです。結びこぶを作って引っかけるだけだと意外と外れてしまう事があります。

まとめ

という訳で、私流のダウンショットシンカーの使い分けですが…

鉛製のZAPPUのスタンダードシンカーをメインにしています。

ここぞというとき、根掛かりしやすい場所でスタジオワンハンドレットのタングステンドロップシンカーのスティックタイプを使用。

その他の形状は状況に応じて、出撃させます。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です