DRT クラッシュジョーカー インプレ。逆張りのジャラジャラサウンドがハイセンス。

スポンサードリンク

MAX級のウェイクベイト、DRTクラッシュジョーカーのインプレです。

時代に逆行する!?小さいラトルボールのジャラジャラ音。

ノイジー一辺倒かと思いきや、心地よいサウンドを奏でるすごいヤツでした。

 

DRT クラッシュジョーカー

 

さて、バサーオールスタークラシック2018も終わり、平常運転に戻ります。

また日々ネタ切れとの戦いです…

例によって「あまり使い込んでないインプレ」で恐縮ですが、DRTのウェイクベイト、クラッシュジョーカーが気になったので投げてみました。

SPEC

Weight  3oz Class 
Length   8.2inch(約21センチ)
Color   DRT BASS
Price   7,020円(税込)

カラーはDRT BASS、という事でちょっとイマカツのリアルプリントを彷彿とさせる?カラーです。

これもタイニークラッシュと同様、流通量が極めて少ない…ブンブンに在庫があったので、無くなる前に購入してみました。

レアだから欲しいという動機が半分、超人気ルアーは一体どういうもんなんだろう、という興味が半分ですw

とにかく太い。

 

最大の特徴は、異様なほどに厚みのあるボディ。ものすごい横幅です。

間違いなく、これまで触れ合ってきたルアーの中で1位2位を争うレベル。

デカバスへの訴求力や、遠くからでも気が付かせる存在感については他を圧倒する…はずです。

Vテール

 

ちょっと長めでツンと上を向いた意匠が面白い、通称Vテール。かなり柔らか目なマテリアル。

また、タイニークラッシュのテールと互換性があり、付け替えでちゃんと性格が変わります。

どんな男も持っている「カスタマイズ魂」をくすぐられます。

ジャラジャラ系のサウンド

 

後方のボディに小さなラトルがたくさん入っていて、ジャラジャラしたサウンドを奏でます。

こういうジャラジャラ系のサウンドを奏でるルアーって、最近では意外と少ないですよね。

あまり流行りではないというか。それをあえて逆張りで搭載してくるDRTのセンスが素晴らしいと思います。

また、写真にもあるように、前方のボディにポッチが有って、これがリアにぶつかり、カコンカコンと鳴ります。

 

良い音です。

ラトルボール+カコンカコン+水をボディ全体で押す音で、かなりノイジーなヤツには間違いありません。

でもバランスの妙、というか、決して下品になり過ぎない素晴らしいサウンドです。巻いているととても心地よいですね。

 

リップ

 

かなり角度の立ったリップ。短い移動距離で何度も左右にウォブルしてくれます。

タイニークラッシュと同様、付け外しが可能。手の腹の部分で横方向に押し出すような感じで外すことが出来ます。

リップレスではのっそりとS字に泳ぐウェイクベイトに変身。ただ、個人的にはリップ有りのほうが、サウンドを活かせる為、良さを最大限発揮出来るように思います。

フックがやや大味?

 

フックがややマイルドな感じのフックです。

タイニークラッシュは純正で高品位なフックでしたので、ここだけがやや残念。

 

それとお値段が気になりましたw

ここまで太いボディはいまだかつて見たことがないので、成形に手間がかかる、というのは素人目から見てもなんとなく伝わってくるのですが、それにしても、ちょっとお高いです( ;∀;)

まとめ

以上、DRT クラッシュジョーカーについてでした。

真夏の早朝に、これでパコーンと出たら気持ちいいだろうなあ。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です