DSTYLE クロールアップ。小粒でもピリリと辛いやつ。

スポンサードリンク

DSTYLEのクロールアップを投げてきました。

美しいカラーリングと、ギリギリ扱いやすい小粒なサイズ感が秀逸です。

 

DSTYLE クロールアップ

 
Length 48mm
Type Floating
HOOK HAYABUSA Ken Claw#8
Weight 6.5g
潜行深度 約1.5m

DSTYLE×JACKALLのクロールアップを入手しました。

レゼルブに次ぐ、第二のDSTYLE×JACKALLコラボルアーという事で、これは買っちゃうヤツですよね~(*’▽’)

やや小ぶりの6.5g

 

自重は6.5gという事で、やや小ぶりなクランクベイトです。ベイトタックルでギリギリ扱える重さ。

ちなみに私はコンクエスト101(スプール径36mm)で投げましたが、当然ながらちょっと投げにくいです。

32㎜~34㎜のスプール径のリールで扱うと快適だと思います。そんなサイズ感。(巻き物タックルがコンクエストだったんです)

 

ウェイトはシンプルな固定タイプ、また小ぶりなサイズ感という事で絶対的な飛距離性能は高くありませんが、形状の妙なのか、不思議と「飛ばない」感じはしなかったです。

 

EGワイルドハンチに似てる?

 

ワイルドハンチにシルエットが似ていると思ったので、比べてみました…が、実際並べてみるとけっこう違いましたw

ハンチよりも一回り小さいですね。

とはいえ、クランクベイトの種類を大別した場合、似たカテゴリー、という事にはなりそうです。

さらっとした感じのシャッドライクな巻き抵抗など似ている部分はあると思います。

スナッグレス性能の為の小さいフックか

 

前後とも#8番のHAYABUSA Ken Clawを標準装備。

JACKALL社のルアーは高品位な純正フックで助かります。また、前後とも#8番で小ぶりなフックで、スナッグレス性能を高めている感じ。

青木大介氏の製品紹介動画を拝見したところ、クランクベイトは引っかかるのがイヤ!で、スナッグレス性能を特に大事にした。という事でした。

テールフックのアイがボディの上側にあるのも特徴のひとつですよね。これも同様の効果を狙ったものだと思います。

明滅を狙ったカラーリング

 

明滅効果を狙い、拘りぬいたというカラーリング。(これはフラッシングワカサギ、というカラーです)

かなり複雑な構成となっており、それでいてうるさくなっていないバランス感覚が秀逸です。

まとめ

以上DSTYLEクロールアップでした。

シャロークランクのシーズンは終わりかけですので、活躍してくれるのは来シーズンでしょうか( ;∀;)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です