大注目のDSTYLE×JACKALL「レゼルブ」。その存在は、シグレとアベンタの間。

スポンサードリンク

バス釣りビッグムーブメントとして、昨年大々的に発表された、DSTYLE×ジャッカルのコラボレーション。

第1弾ルアーとして発表されたのは、「羽根モノ」である、レゼルブ。

気になるレゼルブはどんなルアー?

デカイハネモノと、ミクロなハネモノからその存在意義を考察します。

羽根モノ

 

流行ってますね、羽根モノルアー。

又の名を「クローラーベイト」。

古くからはHEDDON クレイジークローラーなど米国発祥の、由緒正しきトップウォータープラグです。

 

昨今、「羽根モノブーム」とも呼べる一大人気を誇り、各メーカーから羽根モノルアーがリリース。

プレミアム価格で取引されていたりします。

 

非常に人気のジャンルです。

DSTYLE×JACKALL

 

出典:JACKALL

昨年度のバス釣り業界の一大ニュースといえる、DSTYLE×JACKALLの共同開発。

2016年度のフィッシングショーで、ジャッカルブースに小野俊郎氏と、青木大介氏が登場し、共同開発を発表したシーンが印象的です。

人気メーカー×人気ジャンル

 

出典:DSTYLE

人気メーカーが共同で、人気ジャンルのルアーを本気で作るとどうなるのか。

その最初の答えが「レゼルブ」という訳です。

 

バス釣り業界のまさにメインストリームってわけです。

注目せずにはいられない★

(DSTYLEのHPに、すでに商品詳細が掲載されていました。)

レゼルブ

 

70mm、5gのボディに、ソフト素材の羽根を持つ、軽量級羽根モノです。

イマカツ アベンタクローラーや、レイドジャパン ダッジなど、流行の「ビッグクローラーベイト」とはせずに、絶妙なサイズ感、重量感の「軽量羽根モノ」。

この辺りは青木大介氏の、フィネス戦略が色濃く反映されている部分。

 

さらにJACKALLには、川島勉氏の「ポンパドール」が既に、スタンダード?な羽根モノとして存在しています。

そんなポンパドールとの棲み分けも考慮されているのでしょうか。

 

とにかく全く新しい存在で、そのアクションは想像がつきません。

ムシ系としても

小粒なサイズ感、ベイトフィッシュライクなそのシルエット。

ソフトな羽根によるナチュラルアクションにより、超デッドスローリトリーブ、もしくは移動距離を抑えた喰わせの能力に長けているとのこと。

しかしながら通常のリトリーブ時には、クローラーベイトとしてアクションしてくれる。

 

虫系ワームのようにも使えて、普通のクローラーベイトのようにも使える、一粒で二度おいしいルアーに仕上がっているようです。

 

個人的には虫系のように使う事を想定しています。

提灯釣りや、移動距離を抑えた誘いに使ってみたいです。

ビッグクローラーベイト

アベンタクローラーGT

ビッグクローラーベイト、入手しやすさなどから、イマカツのアベンタクローラーを愛用しています。

愛くるしいウッドボディや、羽根の微調整が必要なところ、着水後にひっくり返ったりしてやや扱いにくいところなど、魅力いっぱいのルアーです。

そんなビッグクローラーベイトですが、出しどころの見極めが難しいルアーであることも確か。

タイニーシグレ

 

最小サイズのクローラーベイト?は、メガバスのタイニーシグレではないでしょうか。

 

10円玉ぐらいのサイズでホントちっちゃいですが、ライトラインで正しくリトリーブすれば、ちゃんと「羽根モノ」してくれるカワイイヤツです。

ピョコピョコ左右にクローラーしてくれます。

 

巻くとクローラーしますが、巻いて使うというよりも、虫系として一点シェイクで誘うことが多いです。

 

こいつの利点はちゃんとトレブルフックが付いているところ。

虫系ワームで乗らないキスバイトもしっかり乗せる為に購入したのです。

 

虫ワームの提灯釣りでバイトはあるけど乗らないときに重宝しています。

レゼルブは、アベンタクローラーとタイニーシグレの間?

アベンタクローラーとタイニーシグレのそれぞれの良さ、存在意義の中間地点にあるのがレゼルブ、だと思っています。

今までありそうでなかった、元ネタのない、レゼルブ。

はやくその実力を確かめてみたいものですね。

気になる発売時期は、発売は2017年5月末ごろを予定しているみたいです。

定価は1,800円(税抜き)。

DSTYLE公式動画

DSTYLEの公式Promotion / 製品解説動画です。

 

まとめ

今後もその動向から目が離せない、DSTYLE×JACKALL。

レゼルブのアクションを妄想しつつ、ハネモノ修業に邁進したいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です