エレキ操船の注意点。増水時の川くだりは船尾の向きが変えれない。

スポンサードリンク

先日の豊英ダムで、操船時に危機を迎えました。

増水時の川下りで、何度も倒木に突っ込んでしまいました。

激濁り&増水時の操船の注意点をシェアします。

降り続く雨

先日訪れた豊英ダム。

気温は低くないものの、1日を通して降り続く雨。

増水

午後になっても降り続く雨によって、徐々に増水。

濁り&流れの発生

 

 

増水に伴い、午前中はクリアだったバックウォーターはカフェオレ色の激濁り。

さらに普段よりも水流が増し、若干怖さを覚えつつも、どうしてもバスが釣りたいので、釣り続行。

無謀にもバックウォーターへ

どこかに良い水のエリアは無いかと、普段より流れの強い中、どんどん上流部まで上がっていきます。

登りは良いけど下りが危険

 

上がるときはエレキのパワーが喰われるだけで、さほど危険はなく、普段どおりの操船をしていました。

ある程度上がったところで、エレキのバッテリー残量が弱ってきたので、引き返すことに。

ここから地獄の川くだりでした。

下りはマジ危険。

荒れていて、流れが普段より強いときの下りはマジで危険です。

最初は、流れが強いからエレキのパワーを消費せずに済んでラッキー♪などと、楽観的に考えていました。

しかし、後ろから押される下りは極めて操船しにくいんです。

メチャ狭いところ

狭いバックウォーターで、さらに倒木が邪魔して極端に通り難いところも、何も考えずに上がってきたので、そこも戻らなければなりません。

後ろから水流に押された状態で、狭い倒木の隙間を通っていくのが超難易度が高い。

まっすぐアプローチしたはずでも、後ろからの水流でケツが流れ、船尾が倒木の下に入り込むようになってしまいました。

船長失格

タックルが、倒木に引っかかり、大変危険な状態になってしまいました。

なんとか倒木を手で押さえ、無理矢理ボートの向きを変えて事なきを得ましたが、タックル全部もってかれるところでした…

はっきり言って、同船者を危険にさらしてしまった私は船長失格です。

良い教訓となりました。

船尾の向きは変えられない。

下りで、ケツがあらぬ方向に流されてしまうと、エレキで修正が不可能なんです。

エレキは船首についていますから、ケツの向きだけ、を修正できないんです。

これが普段より強い流れに合わさると、危険なことになってしまいます。

普段見えているはずの浅い位置にある沈み木などが見えなくなり、大変危険。

さらに、普段は見えている、or露出しているはずの沈み木がインビジブルストラクチャーとなり、とても危険な存在になります。

川下り最中に突然沈み木に引っかかり、とても怖い思いをしました。

安全最優先

どれだけバスが釣りたくても、安全を最優先した操船を心がけることを肝に銘じることにします。

まとめ

楽しいレンタルボート釣行が台無しにならないように、危ないときは無理をしない。

少しでも普段より流れが強い場合、狭いところには行かない。

これが鉄則だと痛感しました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です