Engine BOOM(ブーン)& BOOM-chin(ブーンチン)インプレ。考え抜かれた使用感でした。

スポンサードリンク

Engine BOOM(ブーン)& BOOM-chin(ブーンチン)のインプレです。

小技の効く中空ボディのBOOMと、ピリピリレッグが魅力の沈み虫、BOOM-chin。

二つはぜんぜん別物で、どちらも素晴らしい出来でした。

Engine BOOM(ブーン) インプレ

 

房総リザーバーの虫パターンを知り尽くした、羽生プロのプロデュースのEngineBOOM(ブーン)。

 

中空構造、虫っぽいレッグパーツ、フロントが移動距離を抑えるカップ構造。

真ん中の長いレッグパーツは、色が同化して分かりにくいですがシリコンラバーになっています。

という事で、虫系ワームの王道とも呼べる仕上がり。

浮力強くてアクションレスポンス最高

 

中空構造でかなりの浮力を誇ります。

浮力が高いので、トゥイッチした際の、アクションのレスポンスが超クイック。非常に細かいピッチで動いてくれる虫系ワームですね。

メリハリのあるアクション性能なので、小技を利かせやすい。いいわこれ。

中空構造の虫!という事で、青木虫にけっこう似ている印象もあります。

飛距離もちゃんと出る

しかし中空構造だからといって、飛距離はぜんぜん犠牲になっていないバランス感覚も素晴らしい。(青木虫はやや飛距離が出ない感ありますよね)

ソルトインマテリアルという事ですので、塩の量が絶妙な塩梅なんだろうな。

 

人気者のメインストリーマー的虫系ワームに仕上がっていました。

Engine BOOM-chin(ブーンチン) インプレ

 

続きましては、流行の沈み虫にカテゴライズされる、BOOM-chin(ブーンチン)です。

BOOMとは名前が兄弟関係なだけで、全くの別物。

イモグラブっぽいボディに細いレッグパーツが多数装着されています。

 

遅すぎず、速すぎずの絶妙なフォールスピードと、レッグパーツのピリピリとした微波動が秀逸でした。よーく見ないと分からないレベルの微振動ですが、すごく効きそうです。

いわゆる自発的アクションってやつですな。投げて落とすだけという単純明快さも魅力。

 

サイトフィッシングでも威力を発揮してくれそうです。

まとめ

以上、Engine ブーン&ブーンチンの使用感でした。

どちらもレベルの高い虫系ワームに仕上がっています。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

エンジン(ENGINE) ワーム ブーンチン #16 グリパンブルー

エンジン(ENGINE) ワーム ブーンチン #16 グリパンブルー

756円(06/19 17:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です