リールメンテ。Eリング問題に終止符を打つ?ENGINEER Eリングプライヤー。

スポンサードリンク

またEリングネタです。

タミヤのEリングセッターで対応できない、3~5mmのEリングの為に、ENGINEER Eリングプライヤーを導入してみました。

これでEリング問題がほぼすべて完了するのか。その使用感をシェアします。

ENGINER Eリングプライヤー

タミヤEリングセッターは2mm径のEリングに対応なので、大きめのEリングに対応できませんでした。

そこで、3mm~4mmのEリングに対応するという、ENGINEER Eリングプライヤーなる製品を試してみました。

Eリングの径

Eリングの径、というのは、内径を表すようです。

シマノとアブのEリング


左がシマノリールによく使われている、おそらく2mm径のEリング。

右が、アブのリールに使われている3mm径のEリング。

内径が1mm変わるだけで、二回りぐらいサイズがデカくなります。

シマノはOK


シマノサイズなら、タミヤのEリングセッターでホールド出来ます。

アブはNG

 

アブガルシアリールに使われている3mm径のEリングは、デカすぎてタミヤのEリングセッターは使えませんでした。

ENGINEER Eリングプライヤー

そこで、3mm~4mmのEリングに対応するという、ENGINEERのEリングプライヤーを導入してみました。

 

使用感

マグネット付きで、なおかつ専用形状によって、3mm径のEリングを楽にホールド。

ふむふむ。なかなか良さそう。

太すぎる

 

だがしかし。

プライヤーなので、太さがあります。

太いという事は、Eリングを掴んだまま、横から押し込めないんですよね。

結局挟んで装着。


結局、こんな感じで挟んで装着。

つまり、Eリングがあるべき場所まで運んで、その後挟んで装着するという感じでした。

やや想像と違いました。

タミヤEリングセッターの秀逸さ

 

ご覧の通り、タミヤEリングセッターはめっちゃ薄いんです。

なので、横方向から押し込んでEリングを装着できる訳です。

 

結果、タミヤEリングセッターの秀逸さが際立つ結果になりました。

タミヤEリングセッターの3mm用、ってのがあれば一番イイのに..

 

ENGINEERのEリングプライヤーまとめ

・Eリングの脱着に。という説明ですが、外すときはあまり使えない気がしました。

いかんせん先端が太すぎるので、外すときはEリングを掴む事が出来ません。

 

付けるときは、Eリングをあるべき場所に持って行ってから、挟み込むという、普通のプライヤーチックな使い方になりました。

ただ、Eリングを掴んだときのフィット感は確かにあります。

 

 

そしてやや高め。1500円ほどします。(田宮のEリングセッターは600円ぐらい)

ただ、「プライヤー」として見たときは適正価格だと思います。

 

マグネットが付いているので、細かい部品をピックするのには重宝します。

 

まとめ

アブガルシアのEリングと完全に友達になれませんでした( ;∀;)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です