エバーグリーン[FACT]ラストエースの使い方。サイトは放置が良い理由。

スポンサードリンク

エバーグリーンFACTラストエース。

福島健氏の’最終兵器’としてリリースされた、リアル系シークレットベイトです。

そんなラストエースを少しばかり使いこんでみたので、使用するタイミングや釣るコツなどをシェアします。

マジで良く釣れる。

ラストエース、ほんと良く釣れます。

表層I字引き、トゥイッチさせてぴくぴく、放置プレイしてナチュラルフォール。

どの使い方もエバーグリーンのHPに載っているので、新しいお話とかは出来ないのですが、それぞれの有効なタイミング、出しどころなどが少しばかり分かってきたのでシェアします。

バックウォーターで

バックウォーターでの見えバスに対しては、放置プレイがおすすめ。

特にバスからボートが見えてしまっているような位置関係のとき。

とてもスプーキーで喰わせにくいことが多いですよね。

 

そんなときに、ラストエースをバスの視線に入るぎりぎりのところにそっとキャスト。

スローシンキング仕様なので、ゆっくり沈んでいきます。

このシンキングスピードが絶妙で、喰わせにくいこちらに気づいてしまっているバスに対して、最適なスピードでじわじわとバスとの間合いを詰めてくれるんです。

 

その為放置していれば、バスが勝手に興味を持ってくれて、高確率で寄ってきます。

あとはフォール中か、ボトムで放置しているときに高確率でバイト!

 

さらに美点として、よーくにらめっこwされても、見切る確率が低い!

もちろん見切られることも多々ありますが、その確率が低いのがラストエースの特徴だと思います。

レイダウン周辺

レイダウン周辺では小刻みにトゥイッチするのが吉。

竹や木々の間に隠れているバスが、どこからともなく現れてきてバイトしてくれます。

小刻みにトゥイッチしても反応がないときは、タダ巻きしてI字系として誘います。

ラストエースのトゥイッチorI字引きで、ダウンショットリグやその他のライトリグによる’取りこぼしバス’を捕獲可能です!

’ラストエース’のネーミングは伊達じゃない!

きつい濁りのときでも釣れる。

 

これは最近感じたことなんですが、ラストエースはきつい濁りが入った状況でもチャンスを作れるんです。

私はきつい濁りが入ったときは、ライトリグの釣果は落ちると思っていました。

ライトリグはその性質上、水押しが弱く、シルエットも小さいため、濁りがきついときはバスが発見しにくいのでは?と考えていたからです。

 

しかしながら、先日の亀山釣行の際、きつい濁りが入った状況で、ラストエースの表層直下のI字引きで良型のバイトを得ることができました。

その日は表層直下I字引きでの反応がとても良い日だったのです。

つまり、その日のパターンにはまってさえいれば、きつい濁りが入ったときでも、ライトリグで釣れることもあるんです。

ライトリグにとって、「濁り」は必ずしもマイナスではないし、多少の「濁り」でも、バスのエサを見つける能力は、それを超えるものを持っている、と言う事ではないでしょうか。

 

良く濁りが入ったときはルアーのシルエットを大きくするべき、というお話がありますね。

それは決して間違いではないのですが、必ずしも言い切れない、と言う事を感じました。

とはいってもカラーなどは’濁り’に合わせてチャートや白系などはっきりとするカラーをチョイスしていますがw

要は、’濁り’を主軸に考えなくて良い、と思っています。あくまで要素のひとつとして、サブ的な位置づけです。

 

濁っていると、喰わないんじゃないか、とか、ルアーに気づいてくれないんじゃないか、と考えがちですが、決してそんなことは無いです。

ラストエースがきつい濁りに負けない喰わせ能力を持っている、とも言えますね★

まとめ

あらゆる状況で、「追加の一本」のバスを引っ張ってきてくれる、エバーグリーン FACT ラストエース。

まだお持ちでない場合は是非タックルボックスに一つ忍ばせてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

福島健氏のブログで紹介されていた推奨フック★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です