EverGreen ラストエース168。でっかいラストエースは中上級者向けかも。

スポンサードリンク

ずっと気になっていたでっかいラストエース、ラストエース168を試してみました。

アングラー側に積極的なアクションを求める、中上級者向けのスイムベイトに仕上がっていました。

 

EverGreen ラストエース168

 

ラストエース168のインプレです。ちょっと他に無い感じの雰囲気が漂うスイムベイトに仕上がっています。

拘ったという、塗装の上からのコーティングによるツヤッツヤの表面の仕上げが美しい。また縦に細い形状も非常に独特です。

どんな動きを見せてくれるのか、興味津々であります。

ラインスルーシステム搭載

 

 

バラシ軽減のためのラインスルーシステムを搭載。フックセッティングに特に難しい事はありません。

また、EverGreen社純正のフックである、【EGトレブルマジック】 #2 が標準装備。

(品質の高い純正フックでありがたいです。)

小さいラストエース75がヤバい

 

個人的に、小さいラストエース75がホントよく釣れるので、殿堂入り一軍ルアーとして君臨しております。

I字引き、トゥイッチでの集魚力、喰わせの力が素晴らしい。これまで何度もその「ラストエース」っぷりを発揮してくれました。

という訳で、小さいラストエースファンの私としては、でっかいラストエース168も購入せずには居られませんでした。

 

あれ、泳がないぞ??

という訳で168をリアクションバイトで入手し、とりあえず前情報無しで泳がせてみたのですが、どうにも泳がない感。

ゆっくりタダ巻きしてみても、横に倒れちゃって真っすぐ泳がないし、テールも全く動かない。

どういう風に動かしてあげると、その真価を発揮してくれるのか、イマイチ分からず。

少なくともi字系的には使えなさそう。

動画を見て納得

 

最初から見ろよ、って感じですが、本来の使い方を勉強するべく、公式動画を見てみるとかなり激しく動かすのが正解みたいです。

そこで激し目に動かしてみると、確かに動画のようにえげつない感じで動いてくれました。

 

ただ、動画内ではボディ全体がウネウネするような動きを見せていますが、これがどうやって出せばいいのかイマイチ分からない..

ちょっと修行が必要みたいです。

 

パニックベイト

 

という訳で、高速巻き、激しいジャーキングによって、パニックベイトを演出してリアクションバイトを誘発するルアーです。

 

逆に言うと、ただ巻いているだけではその実力を発揮出来ず、アングラー側に命を吹き込む作業を要求してくるルアーだと感じました。

これまでにない全く新しい感覚のルアーです。

小さいラストエースとは別物

小さいラストエース75とはまったく別物であると理解したほうが良さそうです。

どうも、小さい方のイメージがあったので、そっちに倣った使い方を模索してみたのですが、その感覚は捨てたほうが良さそう。

 

まとめ

やや扱いに慣れが必要そうなラストエース168でした。

ただカチッと操作出来るようになれば、協力な武器になりそうです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です