エクスプライド172MHインプレ。 極上キャストの秘密。

スポンサードリンク

2017年のシマノの新製品ラインナップが公開されましたね。

「エクスプライド」シリーズがモデルチェンジを敢行するようです。

リーマンアングラーにとって、価格と性能のバランスを考えると自ずと候補に挙がる「エクスプライド」。

そんなエクスプライドの中核を担う番手である172MH。中途半端と評されることの多い’バーサタイル’モデルですが、その真価は’極上のキャストフィール’にありました。

新モデルがリリースされる微妙なタイミングではありますが、インプレッションをシェアします。

普通のMH?

はっきり言って、かなりインプレッションを書くのに苦労する竿です。『普通のMH』なんですよ。

というかロッドのインプレッション自体、たいして釣竿を触っていない、アマチュアアングラーにとって非常に難題なんですw

しかしエクスプライド172MHの工業製品としてのクオリティの高さは素晴らしく、この素晴らしさをなんとかお伝えするため、インプレッションを書いてみます。

まあ’バーサタイル’シリーズのモデルなので、『普通の』ってのは褒め言葉でもある訳です。

SPEC

SHIMANO エクスプライド 172MH

SHIMANO エクスプライド 172MH

 
length 7.2ft(2.18m)
 テーパー レギュラーファースト
 weight 130g
ルアー重量(g) : 10-30g

パワーと遠投性能をUPさせたバーサタイルロッド「172MH」。飛距離が必要とされるフィールドでは絶大な威力を発揮します。フルキャストしても体への負担が軽減するよう、ロッド全体が荷重を分散しながら曲がるブランクスに設計。心地良くフルキャストを繰り返すことができます。クランクベイト、スピナーベイト、小型スイムベイトなどの巻物だけでなく、テキサスリグやラバージグにも対応。ピッチング&フリッピングで近距離カバーを攻める操作性、そして一気にバスを浮かせるリフティングパワーを備えた頼もしいロッドです。※ブランクス性能を損なわず、移動や保管に便利なグリップ内ジョイント仕様。

出典:SHIMANO

 

重量級巻物やトップウォータープラグに好相性

SHIMANOのHPにもルアーの種別ごとの適合表が載っています。

しかし打ちモノ系が’最適’になっていたりと、やや実体とずれている感があったので、使用感をもとに適合表を作ってみました。

1/2以上の重めの巻物
高比重ワームの遠投
バズジェットなどの波動系トップウォーター
テキサス
ジグ1/2
ジグ3/8
ジグ1/4
フロッグ

バットは非常にトルクフルですが、レギュラーファストテーパーという事もあり、かなりしっかり曲がります。

その為、どちらかといえば撃ちモノより、巻きモノに適したフィーリング。

公式HPでの適合表を見ると、ジグやテキサスが「最適」になっていますが、実際のところは「可能」ぐらい。

撃ちモノだと、ややフッキングパワーが物足りないカモ。

1610Mと比較して

SHIMANO エクスプライド1610M

SHIMANO エクスプライド1610M

 

もっとも基本のバーサタイルロッド、エクスプライド1610Mと比べてみます。

全体のフィーリングや、テーパーはよく似ています。

もっとも明確な差は、キャスト時のバットの安定感。

 

1610Mで投げると少しダルい、重めのルアーをキャストしたときの、バットの軸のねじれの少なさ、しっかり感は特筆モノで、非常に気持ちよい、極上のキャストフィーリングを味わえます。

テーパー

とはいえガチガチではなく、レギュラーファストテーパーで、適度にしなやか。

しっかり曲がるMHに仕上がっています。

キャスト時にはブレを抑えたシャッキリフィーリングなのに、魚を掛けると竿全体で仕事してくれる、相反する性能を高次元でバランス。

レンギョもびっくりなリフティングパワー

DSC_7470
 

冬場、霞ヶ浦でメタルバイブに掛かった100センチほどのレンギョにも、のされることなく、強力なリフティングパワーを発揮してくれました。

40upのバスは余裕です。

長さからくる遠投性能も◎

7ft2in(2.18m)のレングスはオカッパリバーサタイルとして、遠投性能がありグッド。

軽い

そしてその軽さもアドバンテージ。振り抜きの良いブランクスでキャストが気持ちいい。1610Mが120gで、172MHが130g。

10gアップに留まっています。

単に軽いだけでなく、持ち重りの少ない重量バランス。

アタリも、『コンッ』と小気味好く伝わります。

ウィークポイント

違和感なく馴染むフィーリングですが、すぐ慣れるので面白みは少ないです。

まとめ

とにかくキャストフィールの良さが光る一本。

Mだとダルい感じのする重さのルアーを、気持ちよく遠くにキャストしたいオカッパリアングラーにおすすめ。

打ちモノに対するフッキングパワーへの懸念はあるものの、ヘビーバーサタイルかつ、おかっぱり仕様遠投スペシャルとしては100点をあげられる一本でしょう。
  

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です