話題のラッキークラフトFAT CB BDS。実用サイズは1とマジック2.2

スポンサードリンク

ラッキークラフトFAT CBシリーズ。

利根川や牛久沼といったフィールドや、H-1GPXでの活躍ぶりで、人気のシリーズです。

中でも使いやすい小粒サイズのFAT CB BDS 1.0、FAT CB BDS マジック2.2をご紹介します。

LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】FAT CB BDSシリーズ

何かと話題のFAT CB BDSシリーズ。

まずどんなルアーなの?ってところから。

ラッキークラフトの説明文は以下。

大森貴洋の愛用ルアーであるのは周知の事実だが、利根川の達人、鈴木美津男も好んで使用するこのBDSシリーズ、ぜひお試しあれ!

木製バルサルアーの利点を最大限にプラスティック製のクランクベイトで表現したのがこのFAT CB B.D.S .シリーズだ。バルサルアーと比較すると、滑らかな泳ぎと障害物回避に重要な浮力は最終的な部分ではバルサを超えることは不可能だが、スローリーリングでキッチリとした深度をスローに泳がせる事はプラスティック クランクベイトに出来てバルサクランクには出来ない。つまり状況によってはプラスティックのクランクにしか反応しないコンディションがあり、緩急の両方のアクションが可能なプラスティッククランクの方がバスフィッシングにおいてアベレージが高い事をこのルアーで証明している。

ん~。

難しいですが、バルサ製クランクベイトを目指し作った結果、バルサを超えた部分を持った凄いヤツ、ってな具合でしょうか。

 

‘B.D.S’は、ビッグダディストライクの意。

ビッグダディとは誰の事を表すのでしょうか。大森貴洋氏?鈴木美津男氏?

…このルアーを投げるアングラーあなたこそビッグダディ!的な意味でしょうかww

違うか。

 

シャッドライクな、ピッチの細かいウォブンロールアクションが特徴、との事。

ラインナップ

とにかく種類が多くて、全12種類。

リンクはラッキークラフトのHPに飛びます。

「Fat CBシリーズの使い分け」で、一晩飲み明かせそうな勢いですw

今回ご紹介するのは、星マークを付けた二つ。

本当はトレンドであるマグナムな「6」をご紹介するのが良さそうですが、実用サイズな「1」と「マジック 2.2」をご紹介。

LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】FAT CB BDS 1

 

Length: 2″ (49mm)

  • Weight: 3/8oz (8.8g)
  • Class: Floating
  • Belly: #4
  • Hook Tail: #4
  • Max Diving Depth:1-2ft
  • Line: 8-12 lbs

可愛いぜ~。FAT CB BDS 1。

これよりさらに小さい、FAT CB BDS 0が末弟として控えているので、2番目に小さいヤツ。

 

どれぐらいの大きさか伝えるためにRTO 1.5と比較してみました。

上から、BDS2.2 Magic、RTO1.5、BDS1。

 

LC RTO 1.5のサイズは、60mm、12gで、クランクベイトのスタンダードサイズ。

BDS1は、タイニークランクと呼ぶにはやや大きめですが、かなりコンパクト。

リップは、やや立ち気味なラウンドリップ。

ほとんど潜らないシャローランナー的なカンジだと思われます。

LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】FAT CB BDS マジック2.2

続きまして、 FAT CB BDS マジック2.2です。

Length: 2-1/2″ (65mm)

  • Weight: 3/8oz (11.5g)
  • Class: Floating
  • Belly: #4
  • Hook Tail: #5
  • Max Diving Depth: 3-4 ft
  • Line: 8-10 lbs

 

 

私のFAT CB BDS マジック2.2は、「FAT CB BDS マーティ 2.2」と記載されています。

マーティーストーンシグネチャーモデル。

マーティって誰?w

マーティーストーンは、B.A.S.Sに出場している米国の有名バスアングラー。(勉強不足ですいません!)

現在では、マーティとラッキークラフトとの契約切れによって、「FAT CB BDS マジック2.2」という名称に変更されています。

カラー名称は、「ゴーストファイアクロー」。

リップに描かれたカニツメがとても味わい深いですね~w

こういうの好きです。

 

まだ泳がせていませんが、こちらも抵抗の少ないラウンドリップ採用なので、タイトめなアクションだと想像しています。

フック交換

お決まりの儀式。

イケてない?純正フックをRYUGI ピアストレブルに交換しておきました。

センターバランスもばっちり決まって気持ちいい♪

FAT CB BDSシリーズは、フロントフックとリアフックの距離がとられているので、少し大きめのフックを装着できることも美点の一つです。

平均サイズが大きなフィールドなどでは、ビッグバスの襲来に備えて、大きめのフックを装着する事が出来ます。

まとめ

魅惑のFAT CB BDSシリーズ。

最近人気なのはFAT CB BDS 3 とか、 FAT CB BDS 6とかのデカイやつですが、実はこいつらみたいな小粒な一口サイズが使い勝手が良い気がします。

’ビッグダディ’目指して投げまくろう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です