無くさない。壊さない。 釣行時のサングラス管理方法

スポンサードリンク

釣行中に偏光サングラスをなくさないため
私が実践している方法をお伝えします。

外したサングラスの管理方法

DSC_8551

みなさんは釣行中にサングラスを外したとき、どうしてますか?

頭にかけておく。
Tシャツの首にかけておく。
ポケットにしまう。

どれもよくやりがちです。私もやっていました。
でもどの方法もリスクが伴います。

頭にかけておくと頭にかけておいたことを忘れ、
振り向いたときに落っことしたり。
また、サングラスのフレームが広がってしまいます。

Tシャツの首にかけておくと、かがんだときに高確率で落とします。

ポケットにしまっておくとレンズに傷がついたり、
ポケットに入れたことを忘れて、
荷物を持ったときや座ったときに曲げてしまうことも。

私はよくTシャツの首にかけていましたが、
霞ヶ浦のおかっぱり釣行で
水際でかがんだときに落としてしまい、
お気に入りのレイバンを霞ヶ浦に奉納してしまいました。

もうなくさない

DSC_8556

これ以上悲しい思いをしたくないので
ネックストラップを導入することにしました。
これで、首から外さなければサングラスを無くすことはほぼないでしょう。

しかし、釣行時の最大の敵は水没です。
仮に、ネックストラップごと落としてしまったら同じことです。

浮くサングラス?

そこで、なにか名案はないかと
ネックストラップを物色していると
すばらしい商品を発見することができました。

その名も「フローティングネックストラップ

なんとネックストラップに、浮力体が装着されています。
つまりネックストラップごと水没しても浮くので、
紛失の確立がほぼ0になるはずです。

早速購入し、お気に入りのサングラスに装着しました。
念の為お風呂で浮力テストを行い浮くことを
確認。

以上、私のサングラス紛失防止策でした。
これで心配ごとが一つ減って
安心して釣りに集中することができますね。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー