ゲーリーヤマモトのラバージグ。ファインラバーとシリコンラバーについて語ってみる。

スポンサードリンク

あまり店頭で見かける事の無い、ゲーリーヤマモトのラバージグ。

今では数の減ったファインラバーのスカートをふんだんに採用しているラバージグです。

廃版のゲーリーヤマモトのラバージグの特徴をご紹介するとともに、ファインラバーとシリコンラバーについて語ってみます。

ラバージグの思い出

ラバージグってはじめのうちは、とっつきにくいルアーの一つではないでしょうか。私もそうですw

いまだに使いこなせていませんが、たまに釣れるとアタリが気持ちいいし、フッキングも気持ちいい。そして釣れるといいサイズ。そんなルアーがラバージグですよね。

正直、そんなにたくさん釣った記憶は無いんですが、釣れたときはそんな感じでした(^^)

ちょっとレア?なゲーリーヤマモトのラバージグを入手したのでご紹介しますね。

ゲーリーヤマモト ラバージグ

ゲーリーヤマモトのラバージグってあまり売ってないですよね。

バサクラのゲーリーブースでGETしたんです。

調べたところ、廃版という事なのですが…本国では販売しているという事なんでしょうか。

がまかつ製のフックを搭載し、ファインラバースカートをワイヤで固定。

フックとガードは硬め&大き目で、ビッグバスの襲来にも耐えれそうな非常にしっかりした作りになっています。

こちらは、シリコンラバー仕様のモノです。ラバー以外の仕様は共通。

ファインラバーかシリコンラバーか

ラバージグを語るときに、最も重要なファクターはスカートの素材ですよね。

「ファインラバー」と「シリコンラバー」があります。

 

ファインラバーはその浮力によってふわふわ系のアクション。比重が軽いのでよりフレアしやすいと言われています。

しかし濡れたまま放置するとべちょべちょに溶けてしまったりと、やや保管しづらいという欠点があります。

 

シリコンラバーは素材自体の弾性によってぷりんぷりん系のアクション。

劣化しにくいので、保管の際、ファインラバーほど神経質にならずに済むのでスマートです。

 

アクションの「質」が違うので、どちらが優れている、という感じではないはずです。

扱いやすさからシリコンラバー仕様のジグが増えましたが、やっぱり「ファインラバーの威力」が効くときがあるそうな。(未体験w)

ハイブリッドもアリ

 

 

ちょっと話がそれますが、プロズファクトリーさんのラバージグ、「エキップハイブリッド」はファインラバーとシリコンラバー両方を使用しています。

ハイブリッド仕様もあるんですね。

私はプロズファクトリーさんのジグ、コスパが大変よろしいので愛用しているのです。

私はシリコンラバー派

個人的には、ファインラバーのべとべとになった状態がすごくイヤなので、シリコンラバーのモノを選んでしまっています。

無精アングラーなので、ファインラバーをべとべと状態にしてダメにする事が多いんです。

だったら初めからシリコンラバーのモノを選んでしまおう、という感じです。

低水温期はファインラバー

しかし、多くの腕の立つアングラーたちの意見を見てみると、どうもシビアな低水温期においては、ファインラバーの軽い比重にしか出せないふわふわ系アクションが効く、という事なので、ちゃんと使い分けたいなあ。と思う訳です。

ファインラバーがふんだんに使われたゲーリーヤマモトのラバージグを見て、そう思わされたのでした。

 

「昔ながらのラバージグ」という風情で、とっても良い感じなんですよね、これ。

小学生ぐらいの頃に釣具屋さんで陳列されていた「ラバージグ」を思い出して、懐かしい気持ちになります。

なんにせよこういう名品が廃版というのは寂しいものですね。復刻しないのかなあ。

 

まとめ

ゲーリーヤマモトのラバージグのご紹介でした。

あまり手に入らないので、なんだかもったいなくて使えないなあ。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です