ギル型ビッグベイトまとめ。+個人的なおススメ4選。

スポンサードリンク

ハードルアーでも、ワームでもトレンドである「ギル型」。

そんなギル型ルアーでも特に人気のある、ギル型ビッグベイトをまとめました。

 

ギル型ビッグベイトまとめ

ギル型ビッグベイトの人気は留まるところを知らず、サイズ違いで数種類ラインナップしているメーカーもちらほら。

そんなギル型ビッグベイトを余すことなくまとめました。

とりあえず、どんなギル型ビッグベイトがあるんだろう?という方に向けてカタログ的な記事になります。

 

あと、それだけじゃアレなんで個人的なおススメも最後にまとめてみました。

JACKALL ガンタレル

Name GANTAREL
Length 160mm
Weight 70g
Type Floating
Hook Size ST36BC#1
Price ¥4,010(本体価格)

ギル型ビッグベイト、と聞いて多くのアングラーが真っ先に思い出すのが、川島勉氏プロデュースのガンタレルシリーズではないでしょうか。

JACKALL チビタレル

 

ガンタレルのダウンサイズバージョンがチビタレル。

特殊な専用タックルを必要とせず扱えるサイズ感がGOOD.

最大手JACKALL社のルアーなので、どこでも売っていて入手しやすいのも良心的。

もし初心者にギル型ビッグベイトをおすすめするならば、真っ先にチビタレルを紹介します。

 

JACKALL ギガンタレル

Name GIGANTAREL
Length 200mm
Weight 5.4oz
Type Floating
Hook Size #1/0
Price ¥4,980(本体価格)

ガンタレルシリーズの長兄、ギガンタレル。ガンタレルシリーズの中では、最後にリリースされました。

200㎜、5.4ozという事で、もはやビッグベイトという枠に収まらず、ジャイアントベイトカテゴリーに分類したくなるド級のサイズ。

使用用途はかなり限定されるというのが正直なところであります。

 

JACKALL GIRON(ギロン)

Name GIRON
Length 93mm
Weight 22.5g
Type Sinking
Hook Size フロント ST36BC#2/リア ST36BC#4
Price ¥2,410(本体価格)

JACKALLのギロンです。

93㎜、22.5gというサイズ感なので、ビッグベイトと呼べるかどうかは微妙なところですが.. 

deps ブルシューター

 
出典:deps 
 
 

depsのブルシューター シリーズ。Jackallのガンタレルシリーズと肩を並べる、名実ともに揃ったギル型ビッグベイト。

オリジナル、160、Jrと3種類のサイズ展開。

オリジナルサイズのブルシューター190は、ギガンタレルと同じく、かなりのマキシマムサイズ。

そしてdeps Webメンバーズ限定ルアーという事で、入手困難なルアーでもあります。

deps ブルシューター160

ブルシューターシリーズの中で、唯一店頭で購入可能なブルシューター160。

deps ブルシューターJr

 

ブルシューターの末弟、ブルシューターJr。こちらもWebメンバー限定アイテムという事で入手困難。

ブルーギルがパニックを起こした時に出す動き、とでも呼べる、えぐいアクションを出します。

とても素晴らしいアクションを発揮してくれる ので、普通に販売して欲しいところ…

deps ブルドーズ

 

ブルシューターのリップ付きがブルドーズシリーズ。こちらもオリジナル、160、Jrの3サイズ展開。

単にリップのあるなしではなく、浮力等も見直し、リップ付きならではのライザーアクションでバスを魅了します。

deps ブルドーズ160

ブルドーズシリーズも、ブルシューターと同じく、160㎜モデルのみ店頭販売となっております。

deps ブルドーズJr

 

ブルドーズシリーズの末弟、ブルドーズJr。

ティムコ ブッチギル

 

ティムコ社のブッチギル。

同社の名作、ステルスペッパーシリーズの血統を脈々と受け継いだ前後ペラ搭載の、新しい機軸のギル型ビッグベイト。

控えめなジョイント角度ながら、トリッキーな90度ターンもこなす多彩なアクション性能を持っています。

 

nories ヒラクランクギル 110F

ノリーズのヒラクランク/ヒラクランクギルシリーズ。

ウッドマテリアルでスタートした製品ですが、特殊な硬質発泡系素材“エクストリーマーフォーム”の採用によって壊れにくさ、水絡みの良さを追求。

独特の質感、耐久性の高さがあります。

nories ヒラクランクギル S-BILL 110SS

ヒラクランクギル 110Fに、スモールビル(小さめなリップ)を装着し、スローシンキング仕様に仕立てたのが、ヒラクランクギル S-BILL 110SS。

nories ヒラクランクギル Sビル140F

 

ヒラクランクギル110の体高を増やし、さらにギルっぽいシルエットに仕立て直したのが、ヒラクランクギル Sビル140F。

ジョイント部分のヒートンを自分で調整可能だったり、ユーザーのいじる余白が残されている面白いルアーです。

ヒラクランク ノンビルデジタル

 

個人的に、ヒラクランクシリーズで好きなルアーがこれ。

通称「ノンビル」と呼ばれる、ヒラクランク ノンビルデジタル。

シリーズ中唯一のリップレスボディで、さらさらと、非常にナチュラルで艶めかしいアクションを発揮してくれます。

 

イマカツ ギルロイド ブーツテール

イマカツ社のギル型ビッグベイト、ギルロイド。

同社ならではの特殊塗装、3Dリアリズムのリアルさや、ブーツテールと呼ばれる独特の意匠などユーザーを楽しまてくれます。

イマカツ ギルロイドJr

ギルロイドのJrバージョン、ギルロイドJr。

やはりオリジナルサイズは大きく感じる事があるので、多くのフィールドで、Jrサイズを選択する機会が多いと思います。

イマカツ 小南ギルポップ

小南(こみなみ)ギルポップ。ブルーギルが表層でちゅぱちゅぱと捕食する姿を見たことがあると思います。

そんなブルーギルの姿を再現すべく、ポッパーテイストなスプラッシュを発生させます。

 

エバーグリーン ブリムスライド

他社にやや後れをとる形でリリースされた、エバーグリーンのブリムスライド。

正直、3ozクラスとやや大き目なボディなので、「ブリムスライドJr」が出てくれたら…と思います。

 

ガンクラフト ジョインテッドクロー S-ソング

ジョインテッドクローで有名な、ガンクラフトからもギル型、ありました。

S-ソングといいます。

あまり店頭で見かけることが少ないですね。

T.H.タックル ジョイント ゾーイ

美しいハンドメイドルアーを多数リリースするT.H.タックルからは、ジョイントゾーイ。

ジークラック ギリング165

ジークラックのギリングシリーズ。165mmと、125㎜サイズのラインナップとなります。

 

ジークラック ギリング125

ギリングシリーズの末弟、125です。

Megabass ヴァタリオン

Megabass社のヴァタリオン。 製品紹介に、「ビッグバイブレーション」というキーワードが登場。

バイブレーションプラグからインスピレーションを得る事によって、他社製品との違いを明確に出してきたと思われます。

 

個人的なおススメ

正直、上でまとめたすべてのルアーを使った訳ではありませんが、それなりに試してみてはいます。

そんな中からおススメをご紹介します。

1位 JACKALL チビタレル

個人的なギル型ビッグベイト入門おススメは、JACKALLのチビタレルです。どこにでも売ってるし、使いやすいし、釣れる。

2位 deps ブルシューターJr

次点でdepsのブルシューターJr。アクションのヤバさではブルシューターJrが勝ちますが、売ってないので。

3位 ティムコ ブッチギル

ペラ付きのティムコ ブッチギルは他社にない独創的な魅力があります。

4位 nories ヒラクランク ノンビルデジタル140F

nories ヒラクランク ノンビルデジタル140Fの艶めかしさもヤバいです。

 

いずれにしても、入門はJrサイズがおすすめ。

特殊なタックルを必要とせず、手持ちのH~XHクラスのタックルで投げれます。

また信じて投げれるという意味でもイイと思います。

まとめ

以上、各社から販売されているギル型ビッグベイトでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です