魚探のバッテリー選び。ケース付きがおススメ。

スポンサードリンク

魚探用のバッテリーについて。

ケース付きの12V、17Ah出力のものをチョイスしました。

魚探用バッテリーの選び方を考察します。

魚探のバッテリー

魚探用のバッテリーを新調しました。

購入したのは、ネオネットマリンさんから販売されている「リガー パワーボックス17Ah」。

バッテリー本体、バッテリーケース、充電器、充電器用のケースがセットになった製品です。

 

ケース付き

今回、ケース付きのリガー パワーボックスをチョイスした理由としては、安全性と可搬性を考慮した為。

というのも、以前ボートラダーで魚探用のバッテリーをショートさせてしまった経験があったからです。

その頃はまだボートフィッシング自体に不慣れで、さらにバッテリーの危険性を十分に考慮出来ていなかった、という事が主な原因ではありますが…

バッテリーの端子剥き出しでの搬送は出来るだけ避けたかったのです。

電圧とアンペアアワー

魚探用バッテリーの選択時には、電圧とアンペアアワーの適合を考慮します。

電圧は何ボルトか?という話で、アンペアアワーはお持ちの魚探の消費電力から計算します。

算出方法は、ネオネットマリンさんのHPが超わかり易いです。

正直、今回購入した17Ahの出力は、私のポータブル魚探、HE-57Cにとっては完全にオーバースペックであります。

しかし将来的にはこんなのとか…

こんなのに乗り換えたいと妄想しているので、あらかじめバッテリーはそれらに十分に対応可能な容量、という事でチョイスしました。

気持ちいい専用ケース

バッテリーの外寸は、W181×D76×H167mm。

専用ケースは、バッテリーピッタリの設計で、非常に気持ちよく収納可能。また長さ調整の出来るショルダーベルトも付属しており、可搬性もUPします。

ケースの素材もシッカリとした感じで長く使えそう。

バッテリーがダメになっても、同じ大きさのバッテリーを購入すればケースは使い続けられます。

ケース単体での販売が無い…

残念なのは、バッテリーケース単体での販売が見当たらないという事です。

ガチで探してみたんですがありませんでした…

正直、12v17Ahのバッテリー単体での値段を考慮すると、セットの価格は気持ち割高な感じは否めません。

ただどうしてもケースが欲しかったので、これにしました。結果、かなりキチンとしたケースが付属してきたので満足はしておりますが…

それとチャージャーも有無を選べるとより嬉しいですよね。

エレキのバッテリー用の充電器がある訳ですから、不要と言えば不要な訳です。

他の候補製品

 

安く済ませたい場合は、↑こんな感じの汎用バッテリーを単品で購入して、ケースは別で適当なやつを探すのがいいかもですね。

でも丁度いいケースがなかなか無かったのですw

まとめ

以上、レンタルボート釣行における魚探用バッテリーに関する考察でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です