HIDEUP[ハイドアップ] HU-400。もうちょっと潜らせたい!から400。

スポンサードリンク

当ブログでは珍しいディープクランクネタです。

HIDEUP HU-400を入手しました。意外と希少な小粒4mダイバー。

ブリッツEX DRでちょいと届かない、痒い「レンジ」に手が届くクランクベイトです。

 

HIDEUP[ハイドアップ]  HU-400

 

HIDEUPのHU-400です。HIDEUPネタ続きますが、たまたまですw

難しい印象のあるディープクランクですが、個人的にテーブル岩盤攻略に欠かせないアイテムです。

O.S.PブリッツEX DRでのテーブル岩盤攻略

 

ディープクランクは、ド定番ですが、O.S.PブリッツEX DRを良く使います。

コンパクトでぷりぷりとハイピッチに小気味よく泳ぎ、よく釣れてくれます。

ディープクランクの難解さをちょっとだけ優しくしたような、初心者にも扱いやすいディープクランクであります。

相模湖&津久井湖でもう一本

 

目に見えるカバーやストラクチャーが極端に少ない相模湖&津久井湖で、テーブル岩盤を攻略するのにGOOD。

 

テーブル岩盤攻略を増やすと、反応の少ない相模湖&津久井湖で釣れる魚が増えます。

 

3m~4mレンジを狙って、ドラッキングで誘います。

ドラッキングさせるのは、14lb程度の太めのラインでしっかり潜らせつつ、効率よく岩盤をサーチする為。

混んでたら出来ませんが、出来ないほど混む事は稀ですw

 

コツは、きちんと潜らせて岩盤にコンタクトさせる事。

ライトリグでは取れない魚を狙えます。

 

私レベルのアングラーでも、比較的簡単に喰わせられるのが良い所。

うわ、根掛かりするかな?という引っかかり具合の岩盤を抜けた直後にバイトが出ます。

(ジグでもいいような気がしますが、抜けにくい岩盤から抜けた直後のヒラ打ちでバイトを取る感じです)

 

柔めのグラスロッド推奨

柔らかめのグラスロッドが推奨です。

先述した「うわ、根掛かりするかな?」ってところで、硬めなカーボンロッドだと本当に根掛かりする可能性があります。

そこを柔軟に抜けるためのグラスです。

 

もうちょっとだけ潜航深度が欲しい

で、ブリッツEX DRでもよく釣れるし、それだけでも十分ですが..

長い距離をドラッキングしても、どうしても岩盤に届かねえ…潜航震度が足りないぞ。という要求が生まれます。

ラインを14lbから10lbぐらいに落としたり、そういった手もありますが、もっと潜るルアーにした方が手っ取り早い、という感じです。

小粒なディープクランク

 

で、ブリッツEX DRよりも潜りつつ、サイズ感は同じモノを探す事に。

すると、こういった小粒サイズの4mダイバーって、探すと意外と少ないのです。

 

HU-400ぐらいしか無いんです。

 

という訳で、HU-400を連れて帰ることにしました。カラーはブンブンオリカラ。ホワイトパールに見せかけて、光の加減でうっすらピンク。

なかなかよろしい素敵なカラーリングです。

余裕の4m

ブリッツEX DRの潜航深度が3~4m、対してHU-400の潜航深度は4mと、数値上は変わりませんが…

ブリッツEX DRはなんとか最大限潜らせて4mいくかいかないか、という感じですがHU-400は余裕で4mレンジに到達。

同じ4mでも余力が残っている、という感じです。

良く潜ってくれるので、狙い通りイケそうです。

 

まとめ

※散々語りましたが、まだHU-400では釣れておりませんw

以上、HIDEUP HU400でした。

小粒なディープクランクでの岩盤メソッド是非試してみてくださいね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です